スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もえたんとれかでてんしがあたったの

それは正月まであと二日、主婦といやぁおせちの買い物に明け暮れるべき日のことであった。

昨晩。
大掃除疲れの眠気と戦いながらいろーんなサイトを逍遥していた私の脳裏には、なぜか「もえたん」という単語が焼きついていた。
もえたん
いわずと知れたイカス英単語学習教材である。
なんというかすでに「もえこたん或いはもえみたんを略してもえたんって誰だよそれ」みたいな、なんかもーそれだけでキャラ的に萌え萌えって感じィー? の秀逸なタイトル。
中身は「あのイカスアニメや漫画の名台詞や設定(へのツッコミ)が例文になってるよ! 俺たちはこんな参考書を待っていたんだキャッホーイ! 」という表紙さえ萌え萌えでなければもっとユーザーの裾野が広がったかもしれない、そんな記念碑的学習教材。

@JOJO さんで「ジョジョネタな例文がある」などの情報を耳にしていたため、初代から気になっていた物件ではあった。しかし本屋でめぐりあうことがなかったため、その手の基本は押さえておこうと思っていたにも関わらず結局買わずに終わっていた。ところが二日前逗子駅前の某書店で遭遇、運命と人様の目線を覚えつつ手にとってみた。
すっげーかわいい女の子のイラストにクラッ。@
しかしまだ購入には至らなかった。何か弱かった。
そんな出会いの記憶を胸に秘めつつ帰宅した私にとってやはり気になったのは「もえたん」のこと。ググりこそしなかったが、なんかそもそもうろうろするのもそれ系のサイトなわけで、結局もえたんに関わる記事なんかをいくつか読んだに違いない、多分。
いや大掃除疲れでよく覚えてないんだってば。

その過程で頭に焼き付けられた情報。

もえたんに封入されているトレカは書店の入荷単位のダンボール一箱分は同じものです。だから色々集めたかったら色々な書店を回ったほうがいいでしょう
(この情報のソースサイト失念しました! ほんとーにごめんなさい! )
あー、そーなんですかー。
ぼんやりとした記憶。その記憶が、第二子のためにひらがなのドリルを買いに再び件の本屋に立ち寄った私の頭に、まるで天の声のようによみがえったのである。

(ちょっと見てみるか)
平積みの一冊目をめくる。封入特典、てっきり袋に入ってて中身見えないと思っていた私の目に、ジャージ着用のいんくちゃんの姿が目に入る。
うぁぁ、これはものすごいソレ系のツボを直撃するキャラではないかッッッ!
とコーフンしたのだが、
ま、ジャージはあれだよな
とスルー。
駅前とはいえ二箱も入荷しているとは思えないなー、ほかのもどーせジャージなんだろーなー、と思いつつ、下のほーのをぺろぺろめくると
天使ないんくちゃんが。

…というわけでくもんのひらがなドリルと一緒にもえたん(天使ないんくちゃんトレカ入り☆)をレジに。
おにーさんの目もおねーさんの目も気にならないよ! 気になるもんかぁぁぁぁ!でも「カバーつけますか? 」の言葉に、思わず「はい」と答えてしまった私。普段は環境に気を使って、っていうか「何の本でも堂々と読めい! 」とけっしてカバーをつけないのであったが。
…いくじなし…。

帰り道、「そうなんだよな、そろそろもう一回真面目に英語勉強ししようと思ってたんだよ! 丁度いいじゃん! 大学受験してないから(持ち上がり…)単語数少ないしな!」
などと、内心で呪文のように正当化を繰り返す、ネコタ斑猫34歳(二児の母)であった。

というわけでリンクフリーと明記してあるのをいいことにすべてはうたかたさんにリンクを貼らせていただきます。こちらの左のメニューの「moetanⅡ」にトレカ画像一覧があり大変便利です。天使もかわいかったんですがスク水ゴスロリメイドあたりがぐっと来そうです。画像がコンプリートされる日を楽しみにしております。うたかた様、ほんとうにありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。