ジョン・ファーマン著 野村幸弘・熊谷吉治訳「これならわかるアートの歴史」東京書籍

洞窟絵画から現代美術までの西洋絵画の歴史をコンパクトでイラスト豊富な一冊にまとめてみた野心的な本。
英国で広告芸術に携わるイラストレーターの作品なので
ウィットが効き過ぎている
一つの芸術的エポックを5ページくらいにまとめてあって長たらしい絵画論に慣れた読み手であれば多分不安になる
のわりにそのエポックが成立した歴史的背景や技術革新、更には芸術史上における意味論まできちんと抑えてある気がする
という多方面においてはっちゃけた仕上がりである。と思う。

十分面白くまたためになった。ので、もう一度読み返したいとも思うのだが、どうもウィットの効き過ぎた文体が気になって読み返す気にならない。
困ったものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック