スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のお惣菜・或いは野菜の始末

買ってきたもの
油揚げ五枚250円
少し葉付きの大根一本150円
小ぶりの葉付き蕪一把150円
中ぐらいのトマト六個250円
セロリ一把150円
舞茸二株160円
えのき茸三株100円
椎茸一パック150円
エリンギ2パック

在庫
中ぐらいの人参三本
大根半分
春キャベツ中一株
エリンギ2パック

まずは味噌汁から攻める。

油揚げ三枚を縦半分にしてから短冊に、二枚は冷凍。
えのきは二株の穂先にざくりと包丁を入れ、あとはおがくずのつかないあたりまで切り離す。
蕪は葉の根元を切り離してから葉を一寸ほどの長さにざく切り、水を張った洗い桶に落としてゆき土を流す。
人参は皮を剥き半分をいちょう切りに。
大根は在庫から皮を剥きいちょう切りに。
全てをティファールの中くらいの鍋ににんべんの鰹節粉を大匙三と共に投入、水を八分目ほど入れてからティファールの圧力鍋に移す。
低圧で一分ほど沸騰させたら火を止め冷まし圧が収まったころに蓋を開けティファールの鍋に移し味噌を溶き入れる。
完成。

蕪の温野菜サラド
茎を切り落とした蕪の根の部分のみ丸く皮を剥き八割にする。
キャベツは芯周りに包丁を突き立て切り離し葉を剥ぎざく切りにし水に離す。
人参はこじゃれさせたいので先日買ったばかりのワッフルピーラーでシャレオツな感じに剝いてみる。
エリンギは縦に割いたものをざく切り。
キャベツもざく切り。
蒸し器に蕪とキャベツと人参を載せて蒸す。
エリンギはウォックパンに植物脂を敷き強めに塩して炒める。
蕪に串が通るほどになったら野菜をすべてウォックパンに戻しローズマリーと塩、バルサミコ酢を回しかけ味をなじませる。
蕪ひとかけを味見、多少の歯ごたえが残りながら柔らかく加熱されており且つバルサミコとローズマリーと塩の輻輳的な味わいが浅く出ておればよろし。

トマトとセロリのサラド
トマトは八割をさらに横半分にしてシール容器に入れる。
セロリの茎は危なくないところまでスライサーで繊切りにする。
葉先は彩のために細かく切る。
茎と葉先を塩もみしてトマトと合わせる。
エクストラバージンオイルをかけまわしたらシール容器の蓋を占めブンブン振り回して味をなじませて完成。

大根葉の塩したの
大根は葉から弱るので先に株ごと切り落とし軽くゆで冷まし小口に切って塩もみにしたのをシール容器に入れ冷凍しておいてお伝の時の菜飯にでもするがよろしい。

あとは鶏の唐揚げでも作る所存。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。