全て550円でいただける虎ノ門は升本のうますぎ警報な単品刺身をご紹介してくれるわ!

全て550円也、というのが、老舗のみの持つ、俄かには到底たどりつけない凄みのようなものを覚えさせる。
※ここにあげた刺身の価格が550円だというだけで、ちょっと安いものや高いもの、セットなどいろいろございますのでご留意ください。

sirauo.jpg
美しすぎる白魚。これがまた淡麗ながら舌に絡みつくようなもったりとしたうまみあまみがタマランチ会長! な逸品。
ものがメダカなみに小さいのでしみじみ長く楽しめてお得だ。
ポン酢と紅葉卸でいただく。

katuohalfandhalf.jpg
かつおさしとたたきのハーフアンドハーフ。
「えー、たたきも刺身も食べたぁい」という「少しずつおいしいものを食べたい」女子に応じたような小憎らしい気の効きようとこのかつおの厚みを見よ!
おっさん対応でこのメニューができたとしたらむしろ萌えますね。
鮮度キトキトなのでうまくないわけがないのだが、さしみはうまみまさりよろしく、たたきは香りが加わりよろしかった。
ああ、語彙の乏しいのん兵衛はこれほどしか言えないのである。

taiaburi.jpg
バカヤロウコノヤロウ! な鯛のあぶり。
あんま数出てこないかなとか思ってびくびく注文したらいつもと同じ厚切り6切れでワロタ。
鯛なのにこんなに出しちゃってどうすんだよ! 分厚すぎるんだよ! しかももみじおろしとポン酢かよ!
あああああ! もみじおろしを刺身にチョンと載せて平らかに箸で挟んでどっぷり下半身をポン酢につけて平らかなまま口の中に差し入れてしみじみしみじみしみじみしみじみ咀嚼するこの鯛ウンマァァァァイ! 口に入れるとまずは上質ポン酢のご挨拶、それを受けながら一噛みするごとに香ばしさと上質の白身のうまみが立ち上がりずっとずっと噛んでいたくなる衝動にかられるッッッ! 鯛だから歯ごたえは十分だッッッ! また紅葉おろしとポン酢という合わせがすばらしい! ポン酢のみだと物足りない、醤油のみだと普通の鯛、そこにもみじおろしを誂えるとうまみと酸味と鹹味と複雑なる辛味が合わさり複合的に舌を喜ばせすぎィぃぃ!
カツオみたいにハーフアンドハーフ出してほしい案件である。

sannma.jpg
さんまですよ! さんま! よそでいただいたことがないんでわからないんですが、三枚にしたのをさらに縦半分にしそれを食べやすいように切った結果長方形の美しい刺身になりはてた秋刀魚ですよ!
秋刀魚の頭がアピールしてくる「私がつくりました」ならぬ「私が刺身になりました」感もたまらんですね!
いや…なんかごめん。

aoyaki.jpg
青柳刺身。
あまーい。うまーい。はごたえしゃきしゃき。え、なんか部位によって味ちがうなー。右のほう甘味つよーい。左のほううまみつよーい。
そんな感じでした。

【アピールしすぎたい番外】
ikanosiokara.jpg
すいません、最近私このいかの塩辛が好きすぎて腎臓やられてもいいと思ってます。
これがね。
ンまいんですよ。
まず、たったの280円でこの量というところに驚いてください。
でね。
酒やります。
でね。
しおからひときれ。
口に入れると。
しこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこ
となるんですよ。
※ しこしこというのは噛みごこち、さくというのは常に出くわすべき烏賊天性の繊維質を表現しております。
で、
もう酒のあてとしては完璧なもんだから、その途方もない肝のうまみがなくなるまでは
しこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこ
とやり続けるわけですが、さすがにいかの塩辛軍といえども一兵卒のみではそのうち
もう肉ないです…(弱弱しいしこ)…ごめんなさい…(さらに弱弱しいしこ)
かーらーのー
あ。
という感じで
うまみもそっけもなくてかたくてそれゆえにたぶんスルメイカ君の人生を守ってくれていた皮に巡り合うことになります。
ここまで来たらさすがに飲み下して次の塩辛に参りましょう。
そしてまた
しこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこしこさくしこしこしこしこしこしこしこしこ
ですよ。
こんな上質が280円。
店で仕込んでおられるのに(お店の人に確認しました)。

なお、ここんちは虎の御門という日本酒が一合300円から飲める魔窟です。
さぁ、みんな魔窟にレッツラゴー!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック