驚いたこと

最近の親父の行動が妙なので気になって実家の登記簿取り寄せたら上物と土地が結構な額の借金の担保になってたこと。かなり返済は済んでたとはいえ家族に内緒はどうかと指摘したら逆切れされたこと。なんか家族が知らないうちに事業に突っ込んだらしいこと。今は一緒に事業始めた人が返してるらしいこと。「いや、それその人の返済が滞ったらここ競売かかっちゃうじゃん、まずいから返せるなら前倒しで返そうよ」と言ったら「でもその人が一所懸命返してるから」「いややっぱまずいでしょ」と詰めたら「わかったよ! 父さんがなんとかすればいいんだろ! 」とさらに逆切れされたこと。いやその通りなんだが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック