真珠のように。

真珠のように可愛いひとが
親を喪くして泣いていたので
桜の下で花を摘み
伏せった横にそと置いた

白タンポポに
ノハラムラサキ
オランダミミナグサ
それから萼に着いたまま
風に吹かれて落ちていた
八重の楊貴妃
一重の陽光

小さな束を拵えた
真白き真珠の慰みに





すぐばれた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック