国家公務員は大変なお仕事だよ。

国家公務員は大変なお仕事だよ。
国会待機は帰れま10どころの話じゃないよ。
議員センセイから質問が来るまでひたすら待機して、質問が来たら大急ぎで答弁資料作って届けるんだよ。
会議室で倒れて寝てる女の子が散見されるくらい大変なんだよ。
国会会期中はいつ呼び出されてもいいように在所も明らかにしとかなきゃいけないんだよ。
数年に一度の所管の法改正に当たったらやっぱり帰れま10だよ。
国民にとってよりよい法律を作るためにあらゆる情報を収集して、案を作成して、有識者、国民の意見を聞いて、それでも業界団体にぶち壊されるような体験をしなきゃいけないんだよ。
そもそも民主みたいな碌にものわかってないくせに好き勝手なこといってくる党が頭になってもどうにか国を通常運営できたのは国家公務員が悔しさを飲みこんで自民時代と同程度のサポートをしたからだよ。
それだけ公僕としての覚悟があって、聡明で、調整力のある人が、民間よりも安い月給で来てくれるわけないでしょ。
議員センセイはよく勉強していらっしゃる方もおられるけど、そうでない人もたくさんいることは皆さんご存知でしょ。
そういう人に好き放題かじ取りさせて、ねぇあなた、一体この国がまともに動くと思うかい?
シェフの気まぐれサラダ並みの思い付きを投げ込んでくる議員センセイのおかげで、縁の下の力持ちたらざるをえない国家公務員の仕事のリソースはそぎ落とされ放題なんだよ。
通常の仕事をしながら、飛び込み案件にもがつがつ対応しなきゃいけないんだよ。
そんなのは民間だったら当たり前だって?
じゃあ、民間と同等の給与水準で何が悪いんだい?

もう一度言う。

志はあるけれども行政については素人の人たちが国のかじ取りをするってぇときに、サポートに回る人が民間よりも劣っていたとして、そんな国にあなたは住みたいと思うかい?

木を見て森を見ずという言葉があるが、もしあなたが国家公務員の給与が民間と同じ基準に調整されることを国に見かけ上の借金があるからという理由で否定するなら、あなたはむしろ森を見て木を見ない人だ。

国のかじ取りを全力でサポートしている人については、民間と同等の給与ぐらい、許してやろうぜ。

勿論中には「マジで何もしていない人」もいる。
でも、少なくとも8割は、身を粉にして働いている。
それは民間でも同じだろう。

村役場市役所県庁、つまるところあなたの目につきやすいところで働いているであろう地方公務員の事情は全くわからん。

だが、少なくとも、「国家公務員」には、国民が選んでしまったあらゆるレベルの国会議員をサポートする覚悟と責務がある。
それに対する報酬を惜しんだら、国が滅びかねん。
そうは思わないのか?

あー、まぁ、そんなわけで、国家公務員と地方公務員の違いすらわかんねぇでのべくってるてめぇ、この件については黙ってろよ。
でねぇとてめぇの無知をワールドワイドにお披露目することになっちまうからよぉ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック