スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知人の結婚式でカメラマンを引き受けちゃったあなたに送るTipsに見せかけた所感集

朝の七時半から夜の九時まで私生活を犠牲にして参加させていただいた(ちなみに日当は一万円)。
けど楽しかった!

装備 OLYMPUS PEN Lite E-PL6と14~42の近~中距離レンズ
アマゾンベーシックで購入した一脚

心がけたこと
・結婚式場(特に教会)の下見とお試し撮影。今回は隣の駅の教会だったこともありリハあわせ三回下見とお試し撮影を敢行した。
・新婦に希望を聞いとく 入場は絶対撮ってほしいとのことだったが…フラッシュなしだったので実はうまく撮れず。しかし聞くだけは聞いといた。
・結婚カメラマンのサイトなどを見てイメージトレーニング。小物など撮っておくと喜ばれることなど学習。
・披露宴でビッグバンドの生演奏入れるんだが、新郎が一曲だけサプライズ演奏ををやるとのこと、その演奏曲を事前に聞いておいてyoutubeでいろんな人の演奏風景を見まくってイメージトレーニング。ちなみにビッグバンドは東京工業大学のロス・ガラチェロス。すっげぇ上手くて感動した。賢い上に演奏上手いなんてずるいわー。
・露出とか考えてると場面を逃す(というよりそんな技術ない)ので
教会内はドレスと花嫁が綺麗に見えるファンタジックフォーカス一択
新郎の希望のジャズコンサートをやる会場内ではドラマチックトーン一択
カメラ任せでとにかく撮りまくった。

良かったこと
・一脚とミラーレス一眼という小回りの利く組み合わせが思っていたより機動性が高くよかった。とにかく走り回って連写連写連写。
・美容院のセットから付き合ったので絵になりそうなものは人に限らず何から何まで撮った。美容院でのセット風景、教会の着付け前のドレスとブーケ、コンサート会場では二階から全景、新郎のアルトサックス、料理、死ぬほど撮った。総数1000枚。
・カメラマンなので遠慮なく前に出ることができた。おかげで突然のキスシーンもがっつり撮れた。

悲しかったこと
・カメラマンとしての参加とはいえ席が用意されていなかったこと。でもバイキング方式だったので柱の陰のテーブルですべての料理をいただき、ワインも一本半くらい飲んだ。大体座ってる暇なかったからいいんだけどね。

気の毒だったこと
・サブカメラマンとして新郎の後輩が来ていたのだが、借り物のすっげーでかいカメラ一眼レフにすっげーフラッシュを装着して一脚なしだったので最後心と腕が折れそうになっていた。なんかごめん! でも一脚は貸せないよ! と思いながら走り回ってた。

成果
・with photoのスライドショーを何度も見返していただいた模様。
・年賀状の写真に採用していただいた模様。
・腕がへぼでもお利巧なカメラと一脚と臆面のなさがあれば案外なんとかなるもんだという自信を得た模様。

ちなみに呑み屋ではご年配に「毎年遺影撮って」と言われてます。風景よりもものよりも、人生を撮るのが一番楽しいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。