スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保温ジャンク鶏のレシピ。

鶏もも肉をジャンクな味付けで保温調理したらとんでもなく美味かったのでレシピ公開。

1.中くらいの鍋に湯を沸かしておく。
2.塩麹とマヨネーズと醤油をポリ袋に入れ丹念に揉み混ぜる。
3.肉側に包丁で切れ目を入れた鶏もも肉を2のポリ袋にぶち込みたれをしつこく揉み込み、空気を抜く感じで袋の口を縛る。
4.75~80度になった1の鍋に3を投入、弱火にして温度を保ちつつ30分ほど放置。
5.袋の口を切り、フライパンにだばーとあけ中火で焼いて表裏に焼き目を付けたら出来上がり。

このレシピの優れているところ
・酔っぱらって作っても肉が生焼けにならない つまり火力調整の技術や繊細な監視が無用
・30分保温調理している間に味がしみじみしみこむので漬け込み時間要らず
・肉汁が外出しないのでめっちゃジューシー
・75~80度調理でタンパク質の凝固を抑えているので肉めっちゃ柔らかい
・味付けがジャンクですげー美味い
・最後に焼き入れてるから香ばしくて嬉しい

このレシピの改善点
・塩麹抜きでもよかったのでは

このレシピの将来性
・一口大に切った鶏もも肉を多めのみりん醤油で保温調理したものを鍋にあけ卵でとじたら夢に見た完璧な親子丼ができるかもしれない
・牛丼もいけそうだ

以上、漬け込んで焼くより失敗なく効果的な保温ジャンク鶏のご紹介でしたァァァン!

なお、保温調理時の温度管理には下の料理用温度計が至便。防滴なのでうっかり鍋に滑り落としても大丈夫、S字フック用意すれば鍋のふちにひっかけられる、先が細くてぶっ刺しやすいので塊肉の中の温度も楽々計測、当然揚げ物の温度管理にも対応といいことずくめだ!
でも先っちょのキャップはなくてもいい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも参考にさせて頂いています。
塩麹がなくても柔らかくなるのかしら……と思ったのですが低温調理方って偉大ですね。
美味しいですし、こんな調子でワインも開けました。一本空です。
甥っ子も順調にふくふくしはじめております。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。