キレッキレの会話ができる相手って楽しいよね。

異動しちゃった職場の人と呑みました。
近況報告など一区切りついたところで滑らかに始まるお腐れ会話。

「ところでネコタさん、鬼灯の冷徹ってカップリング要素あります? 」
「ああ、一応ありますね。鬼灯と白鐸が鉄板じゃないでしょうか。どちらが上かはお好みによりますが」
「どんなマンガなんですか? 」
「地獄を省庁に見立てた官僚マンガですね。あるあるネタが結構あって超オススメですよ。絵が細密だし、デザイン力ある人だし、キャラも立ってます。」
「あーじゃあもう帰りに大人買いするわー」

こういうキレッキレの会話できる相手は貴重です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック