バリウム検査の発泡剤を上手に飲み下すコツを看護師さんに聞いてきた。

舌の上に発泡剤をさらさらと全て載せてからバリウムで一気に飲み下すとよろしいとのこと。
鳴る程上手くゆきました。

個人的に編み出したバリウムそのものを一気に飲み下すコツとしては、
出来の悪い酒を体調の悪い日に飲み下す体で、味や重たさや鼻孔で覚える匂いや拒否したがっている内臓やらに意識を向けず喉を開き一気にただ胃に流し込むという感じでしょうか。
わけがわかりませんね。

んでもってバリウム、ほのかなヨーグルト味だなーと思ったんですが、誰も同意してくれませんでした。
折角の機会なんだから味わおうよみんな!

えー、というわけで、一番のハードルは発泡剤、げっぷさえこらえればなんとかなるので、今回の検査は存外楽でした。

ちなみに、胃の検査のベテランによると、以前の検査ではバリウムの量が倍ほどだったというが、減ったのかしら、とのこと。
調べてみたら高濃度のバリウムが開発されたらしい。
医学の進歩は素晴らしいですね。

なお、バリウムバリウム言うてますが、マジレスするとあれは硫酸バリウムです。
ただのバリウムはカリウムチャネルを阻害する毒なので飲むの禁止です。
なお硫酸バリウムはX線を通さないので採用された模様。

まー、検査される人はまずいもん飲まされた挙句ぐるぐる回されてふざっけんな! と思ってるかもしれませんが、多分ぐるぐる回してる検査技師さんの方がぐるぐるしてると思います。ぐるぐるぐるぐる飲めい人やげっぷしちゃって何度も発泡剤飲まされてしまいにゃ泣いちゃう人やぐるぐる回されて平衡感覚なくなってわけわかんない動きしちゃう人やらをなだめすかしながら一日に何十人をもぐるぐるぐるぐる検査する技師さんすげぇ。

まとめると、検査技師さんと空宇宙含めた飛行士さんは全部すげぇってことです。
何の話だ。

おまけ
うちのロングテール記事
バリウムウンコが流れない -これからバリウム検査をする人に送るバリウムウンコの流し方-
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック