人に影視る心持

フロイトやらユングやらの心理学は実験心理学に駆逐されもはや科学というより古典の域に入って久しいが、投影というのは人の心性として確かにあろうと思う。人の嫌に見える部分というのは実は自分が大いに備えているものだというアレである。つまるところ矢鱈悪口ばかり言う人種はその悪口を以って自分自身の嫌なところを開陳しているというような皮肉な話。さてこの典型として同僚の女性の話をしよう。彼女からは飲みのたびにあの女性はいい年をしてミニスカートを履いているだの、仕事だというのにやたら甘い声でねだって色仕掛けをしているだの、上席とこっそり飲み会をしてその席で自分が有利になるように働いているだの、そんなことをずいぶん聞かされた。さてその女性今見れば、膝上のスカートを履き、担当者には猫なで声ですりより、上席と飲み会をして色々自分の望みを叶えようとしている模様。どうも狐に摘まれたようでいつも隣が鼻につくのだが、つまるところ「自分がかくありたい」と思うところが自分に叶えられず人によって叶えられているのを不愉快としながら不愉快だけを覚え何故自分がそのように覚えるのかを解題しきれない心性の人がそのように自分の嫌なところを開陳するがごとき悪口を言い立てずにはおれないのだろうと考えた。さて自分自身はどうかといえば、件の女性以外にはよそで嫌いと思う人があまりない。正直申し上げれば、一等嫌いなのは自分自身である。始終一杯一杯で子どものことがなかなかわからず酔えば美人の連絡先も忘れおまけに性的に放埒である。斯ういう人間はとっととくたばるがよろしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ゴルゴムの仕業だ!

おのれディケイド!

ゴルゴムの仕業だ!

おのれ、ゴルゴム!!許さん!w
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック