スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケワイについて思うこと

存分にくちづけされたり顔をなめられたりする度に、
世間の女性のケワイを懸念する。
愛しい人に最も深く相対するとき、めかしこまない自分を晒さざるをえないなんて、
あなたの人生の選択はなんと過酷なんだろう、と。

あるいはあなたはケワイを愛しい人に食わせ剥がさせ辿り着かせる素っ頓狂がお好みか?

それならそれで合点がゆくが、愛しい人の辿り着いた先が、あらゆるめかしこみの剥がされた劣勢なる顔立ちというのも、大変な不幸であるまいか。

さあれば自分はケワイをする理由が見つからないのである。

愛しい人にこそ、愛しいと思ってくださる顔体を存分に愛でていただきたいから
誇大虚偽に繋がる乳袋は当然あらゆる補正を謳う下着はつけない、
筋トレで体を絞る、
ケワイは一切しない、
私は畢竟そういう人である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。