幸せな脳味噌のお話 其の壱

職場に最近新しい事務の女の子が入ったんですけどね。
その子が長い黒髪でやや地味なんだけど賢そうな感じの綺麗な顔立ちの女の子でね。
もともといた事務の女の子がね。
木村カエラを賢くしたような感じの明るめの茶髪ボブのそれはそれは可愛らしい子でね。
その二人がもー仲良くってね。
仕事しながらしょっちゅうキャッキャウフフしてるわけですよ。

わー百合だー百合だよーリアル百合だー極上のリアル百合が目の前で展開してるよォォォォォオボェェェェェェェェェ。

って感じで毎日が天国ですよオボェェェェェェ

落ち着け。





というわけでもうこれからは私はあの子達二人の百合幸せを見るために生きることにしました。
休んだらあれ見れないから体調悪くても頑張れ自分。
這ってでもゆくのだ。そう、百合のためにィィィィィ!
リアル百合のためにィィィィィィィィ!

落ち着け。

というわけで、
嗜好の幅が広いと色々なところで愉しみを見つけられるから幸せですね(主に頭が)
という話でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック