スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県は松本土産物指南 スタンダードからマニアックまで

食べ物と酒限定。

まずは野沢菜。

matumotomiyage01.jpg

松本城から駅に至る道の途中にある1832年創業の味噌屋萬年屋にて購入。
選んだのは
・試食でなかなかうまかった
・切ってあってお手軽
・駅の土産屋に入ってないから、
という三つの理由による。
200g324円也。

matumotomiyage02.jpg

松本城圏内なれど少々外れたところにある創業1672年山屋御飴所は本店にて購入。
こちら岸朝子さんの全国五つ星の手みやげにも名を連ねる銘品。
本店は実に渋い作りでそれを見るだけでも価値がある。
また全ての商品を味見させてくれるので好みを選ぶ楽しみがある。
こちらの板あめは水飴を加工して作った品とのこと、実に優しい味わい、上等の薄焼きせんべいのような軽やかな歯ざわり、ピーナツのコクが相まって大変美味いものに仕上がっている。
ただし美味さに釣られて奥歯でぼりぼりかじっておるといつのまにか歯の隙間という隙間にみっちりと貼り付き詰め物殺しとなるので注意が必要である。
500円也。

matumotomiyage03.jpg

こちらは湿気に弱いため10月から4月の販売期間限定の黒糖原料の品。
これがまたピーナツとは違う、荒々しくも深みのあるトウキビのコクに満ちたぽきぽきさくさくとした歯ざわりがなんともんまい。
ほうじ茶によく合う。
なおこちらも詰め物殺しなのでご注意の程。
500円也。

matumotomiyage04.jpg

松本パルコ至近、唎酒師である相澤節子さんの営む相澤酒店にて購入した無濾過生原酒 川中島 幻舞 純米吟醸。
土産屋に並んでいるような凡百の日本酒では満足できないあなたにオススメの、時節ものの希少な地物日本酒ワインを唎酒師さんと対話試飲しながら購入できる素晴らしい店である。
最終的に身受けしたこちらはすんなりした美人が一夜開けると妖艶になっているという無濾過生原酒マジックを体感できるエロティックな酒
1620円也。

matumotomiyage05.jpg

matumotomiyage06.jpg

松本の老舗百貨店井上の地下のイトーヨーカドーにて購入。

松本駅あたりで物量のある土産物屋としては、

松本駅2階 NEW DAYS松本銘品館
松本駅4階
松本駅1階 
松本駅から歩いて5分ほどのところにある百貨店井上地下1階

があり、これらを全て回れば松本土産は網羅したといっても過言ではない。
そしてまたそれぞれ特徴がある。

松本駅2階 NEW DAYS松本銘品館 手軽に買える総覧的店舗 マニア度低し 若者が喜びそうなわかりやすい品多数
松本駅4階 2階でツメツメで扱っている商品の一部を店舗レベルで展開 有名店舗の商品網羅にして試食満載 マニア度中堅
松本駅1階 地域密着型 生まれたての商品の試金石的立ち位置 調味料など大いに充実 地物生鮮食品も扱っており面白し マニア度高し
松本駅からマジメに歩いて5分ほどのところにある百貨店井上地下1階 松本駅ビルで扱っていないもはや神がかっているといえるほど素晴らしく美味くぶどう品種毎飲み比べまでできる株式会社アルプスのストレートジュースなど駅ビルとはちょっと異なる品揃え また土産屋と同じフロアにはイトーヨーカドーがあり、松本ジモティ御用達のビタミンちくわ、野沢菜など漬物類、地物野菜、地物調味料、地物蕎麦、地物油揚げ、地物インスタントラーメン、地物乳製品などがスーパーなので日によって割安で購入可 使いようでマニア度マックス 

というわけで、松本駅1階の生鮮食品コーナーですら見かけなかったエキセントリックなきのこを買ってしまったわけだ。

2つとも地元価格で100円。安い!

タモギタケについては、レンチンすると色が鮮やかに残るとのこと、レンチンは理屈としては蒸すと変わらんであろうと判断、蒸してみた。残念ながら色はいささか落ちた。

トキイロヒラタケ。
これはほんとうに後悔した。
タモギタケ同様蒸し、紫キャベツと普通のキャベツ、ブロッコリーと合わせて
「不安になる色目のサラダ」
にしたのはいいのだが、やはりこのトキイロヒラタケの香り高い肉厚の真価はクリームソースと合わせてこそ生きてくるような気がする
もしいつか再び巡りあうことがあったなら、今度こそサーモンのクリームソースと合わせてトリックアートのようなパスタを仕立ててみたいものである。

以上、松本土産物指南であった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。