スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦処で有名な松本に来たからにはA級からB級のんまい蕎麦を食うべきであらう。

そう思ってまず訪ねたのは宿先である浅間温泉にあるあるぷすである。

こちら、
二八 そば粉八割に対して小麦粉二割
十割 そば粉十割
水そば 最高級玄そば(むき実)を石臼挽きにした荒挽き粉十割に対し小麦粉二割(外二) 塩と水で食す
をセットにした
あるぷすせっと 1250円
を食べさせてくれる面白い店である。

matumotosoba02.jpg
写真左から、二八、十割、水そば。

こんなん出されたら食の軍師ごっこする他ないであろう! という仕立てである。

んで、
塩は全方位いける
二八が一番馴染む
蕎麦汁安定
塩わさびは思っていたより面白くない
ねぎはいらないんじゃないか
という結論に至った。

ここに至るまでに
そのまま何もつけず


水わさび
塩わさび
蕎麦汁
蕎麦汁わさび
と存分に遊んだ。

んで、そば湯。

matumotosoba04.jpg

そば湯とわさび
そば湯と蕎麦汁(比率変えつつ)
なども大いに遊び
蕎麦食うときには風味が強すぎて邪魔だった葱がそば湯で温かく伸ばされた蕎麦汁に入れると案外生きるものだ
ということを発見した。

しかして最も重要な発見は

matumotosoba03.jpg

そば湯は底のほうがもったりととろみがありうまいのでそば湯途中での退場まかりならん
ということであった。

さて、次はB級の雄、松本駅0・1番線ホームにある立ちそば山野草である。

こちら立ちそばとは思えぬレベルと絶賛されておったため、折角なのでと
わざわざ入場券を買って
立ち寄った。

皆さん
安曇野葉わさび蕎麦
推奨であったのだが、自分はどうにもかきあげ天が好きなので辛抱たまらず
特上かき揚げそば 安曇野葉わさびトッピング 520円
を注文。

matumotosoba01.jpg

改めて実感したが、かき揚げは大変フツーである。
人参と玉葱と小エビかなんかのかきあげ天である。
葉わさびはおしたしなのか漬けてあるものなのかわからんが、色も味わいも清冽でよろしい。
んでもって、成る程蕎麦は駅そばの伝ではなかった。そんなに駅そば経験があるわけではないが、他所のはもっと小麦がもっちゃりしている。これは蕎麦の味がする。

というわけで、上等の中等と中等の上等を食べ比べて気が済んだ松本紀行であった。

あるぷす
山野草
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なれば

そばを食いに行けばよかろうなのだァー!

最近食いネタに走ってるのはどうにも当たりが多いからです。

あと新しいカメラを買ってそいつが美味そうな写真をとってくれるからです。

人生楽しいことがいっぱいですな!

というわけで、今後共よろしくお願いいたします。

ネコタ斑猫 拝

読んでるだけでお腹空いてくる。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。