松本市民の日常的ご馳走はここにあり! 一日限定五食の駅弁「城下町のおごっつぉ」を頂いてきた

平日5食、休日10食という思い切った限定弁当である。
何しろ食材は当日朝にJA直売所で仕入れてくるというおそろしさ。
これが美味くないわけがない。

ogottulo01.jpg

ogottulo03.jpg

ogottulo02.jpg

以下品書きより転記


上の段
揚げそば 老舗そば店の手打ち新そばをカラッと揚げ、風味豊かに仕上げました。
しめじのソテー 名産のしめじと八幡屋磯五郎の七味唐辛子が絶妙です。
長芋揚げチリソースがけ 名産の長芋を素揚げし、ソースをかけた新しい味!
松本一本ねぎの信州SPF豚巻き 伝統野菜「松本一本ねぎ」を地元で人気の信州SPF豚で巻きました。
信州SPF豚肩ロースのみそ焼き 信州SPF豚を信州味噌で焼き、肉のうまみを活かした逸品。
波田漬(はたづけ) 波田名産のすいかの幼果実を使った地元に親しまれている漬物です。
ぶどうのゼリー 信州産ぶどうの果汁を使った爽やかな寒天ゼリーです。
りんごのワイン煮 名産のサンふじをワインの芳酵な香りで包みました。

下の段
野沢菜おむすび 名物野沢菜で新米コシヒカリを優しく結びました。
からしいなり 松本で定番の郷土食。まろやかな辛さがやみつきになります。
山賊焼 鶏肉を秘伝のタレに漬け込み、カラッと揚げた松本名物です。
そばの実えのき 地元そばの実と特産えのき茸を豆板醤で和えたちょっとピリ辛味です。
葉わさびのお浸し ピリッと爽やかな辛みと豊かな香りが大人の味です。
おやき 冬の保存食でもあった信州を代表する郷土食です。





よろしかったものから順に。

野沢菜おむすび
真ん中に包丁を入れてあるのが気が利いている。野沢菜をそのまま出さず、日常でちょっと手間かけたごちそうポジションの「野沢菜おむすび」に仕立てたところが秀逸。野沢菜漬けの元気な歯ざわりが楽しい一品。

からしいなり
じゅわっと甘みの滲み出るお揚げの裏に控えるわさび。お揚げの豊潤とわさびの辛さに外様は目を白黒させそうだが、こちらも日常のごちそう。

信州SPF豚肩ロースの味噌焼き
これは日常のごちそうなのかわからないが、とにかく美味い。めっちゃ美味い。良質の豚をしっかりと味噌に漬け込んで柔らかく焼き上げている…のだろうが、どうしてこんなにちょうどいい歯ごたえにしあがるのかわからない。詳細キボンヌ。

そばの実えのき
これ美味い。そばの実シリーズは一時ご飯の友としてはまった。なんかね、剥いたそばの実のなんともいえないぷちぷちした歯ごたえがうまい。思い入れ補正もあるかも知れないがそばの実シリーズはもっと世間に知られてもいいアイテムじゃないかと改めて思った次第。

りんごワイン煮
皮付きなのがまたいい。大層美味い。

しめじのソテー
うまいよ。

葡萄のゼリー
カップに入っているから箸でどうアプローチしようかと少し悩んだがこんにゃく畑方式で押し出すのが正解であった。良質。

松本一本ねぎの信州SPF豚巻き
無難。弁当用に考案されたものであろう。フツーに美味い。

波田漬け
ちっと甘い。地元食なのは承知。

葉わさびのおひたし
清冽。

おやき
切り干し大根。良質なんだが腹に溜まり過ぎる。丁寧に包装されている事も含め、いっそ持ち帰ってグリルで炙って香ばしくいただくのが吉か。

山賊焼き
看板はよく見かけるが、ただの唐揚げとの違いがわからぬ。大体焼いてねぇじゃん。

長芋揚げチリソース掛け
長芋は非加熱ざくり加熱ねとりとした食感に値打ちがあるのだから揚げるのはいいがチリソースはどうか。無理せず天つゆなどで従前の調味をしたほうがよいのではないか。

揚げそば
おそらくフリーズドライ野沢菜がまぶしてある。ビールのあてにはよろしかろうが、駅弁真っ向勝負の自分にはいまひとつその値打ちがわからなかった。

よそさまをもてなすために作ったごちそうではなく、日常のごちそうの集大成、それがこの「城下町のおごっつぉ」である。
どんな店に行ってもこれだけの献立には巡り会えない。
例えばまかないつきに一年間下宿して、ようやく網羅できるような、そういうお献立である。
こういう時間的条件的稀少を、食材にこだわり手をかけ味を厳しく査定して、たったの1200円で販売では、なるほど5食10食しか提供できないわけだ。

大変素晴らしい食の体験を頂いた。
この駅弁は何があっても絶やさずにおってほしいと願う次第である。

なお、公式によると、4~5日前なら予約可能らしい。
限定数が心許ないので、もしこの記事で当該駅弁にご関心をお持ちになったならば、予約をオススメする。
松本駅構内の「あずさ」にて販売中。
損はさせませんぜ!

JAのおごっつぉ紹介記事
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック