候補者が前時代的な選挙運動をせざるを得ない理由

閑静な住宅地での街頭演説、
街宣カーでの名前連呼、
商店街での桃太郎、
駅前での演説、握手、手ずからのビラ配り。

有権者からは無意味通り越して迷惑行為としか思われないこのような前時代的な選挙運動の様式を何故選ぶのか、年配の候補者に伺ったことがある。

「住宅街街頭演説と街宣カーについては、「うちのところに来なかったのは何故だ」と言い出す支持者がいるから、できるだけ回らざるを得ない。
桃太郎や駅頭での握手、選挙公報の配布は、「見たよ、頑張ってるね」と言って評価してくれる支持者がいるからやっている」

とのことであった。

もしこれが彼らの偽らざる本音なのであれば、地盤看板鞄を受け継いだ強固な世襲候補者が居る限り、この悪習は廃れないということになってしまうな。

(政策で政治家選ぶ世は遠し)

しかし一方では党ぐるみで嘘八百な公約を並べ立てて当選した連中もいるしな。

「この人なら自分たちのことを悪いようにはしない」と見極める基準が四年ごとの二週間にいかにまめに有権者に接するかに帰結してしまうというのも、いたし方ないことかもしれないな。

だが、
マジでうるさいから街宣カーやめれ
うるせぇなぁっつって思ってそっちに顔向けただけなのにすかさず引き取って「ありがとうございます」とか叫ぶのやめれ 違うんじゃ
あと他の候補者とすれ違った時に「なになに候補のご検討をお祈りします」とかやめれ お前らの自己満足で騒音を増やすな 
病人も老人も夜勤も寝付いた赤子も居る閑静な真昼の住宅街での街頭演説? ふざけんな お前ら口揃えて環境派とか言うんだったら今ここにある騒音なくせよ
駅頭やめれ お前らの演説立ち止まって神妙に聞いてるのはお前らと運動員だけじゃ 通り過ぎる有権者はうるせぇとしか思っとらんわ
桃太郎、何人運動員引き連れてんじゃ 狭い歩道を延々と選挙すんじゃねぇ
握手ビラ配りもやめれ 断るとなんか悪いことした気になるんだよ!


あと
朝の駅のホームで並んでるとこに線路向こうから拡声器演説すんのやめろ あれほんっとに逃げ場ねーんだよ 朝っぱらから自分の主義に合わねぇ主張聞かされるより我慢ならねぇことねぇんだよ 何度ぶん殴りに言ってやろうと思ったことか

というわけで
公職選挙法におかれましては、有権者の環境権を侵害する選挙運動を全面禁止する方向で改正するといいと思うよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック