スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のお嬢さん方は何うしてああも姿勢が悪いのか。

まともに姿勢を維持してるのは高校生くらいまで、成人過ぎるとまぁ、おしゃれにかける情熱と反比例するかの如く、皆さん顎突き出し腰をかがめ膝とつま先をあひるのように開いて歩いておられる。
背筋をしゃんと伸ばし腰を固定し膝からつま先を振りぬいて歩いている女性など数えるほどだ。
あれだけ髪型ケワイ服装履物の組み合わせに細やかでありながら、自身の筋肉骨格の有り様に粗雑でいられるその神経がさっぱりわからん。
いかに美しく装っていようとも、姿勢が悪いと十は年をとって見えるのだよ。

年齢にかかわらず美しい女性を仔細に検分してみるといい。その人の背中から肩に丸まっちい肉なぞけしてついておらんだろう。
白鳥のようにしなやかな首が頚椎のところで吊られたようで、そこから続く脊椎がゆるやかなSを描いているはずだ。

大体男性は年をとっても余り背中が丸まらない、恰幅がよくなれば反り返るし、痩せた男性はみな姿勢がいい。
このあたり少しく考察してみたところ、以下の様な結論に達した。

まず、出産という一大事業を宿命づけられている関係上、女性の骨盤は男性よりも開きやすくなっておる。
そこにもってきて、ハイヒールなどという見た目を優先した靴を常用することにより、足の筋肉の発達のバランスが崩れ、内転筋が弱体化する。
さらにデスクワークが増加したせいで、基本姿勢が前かがみとなり、背筋の発達が見込めない。
結果、
突き出た顎
丸まった背中
締りのない腹
開いた骨盤
閉じられない膝
という先祖帰り姿勢ロイヤル・フラッシュが完成するのである。

嘆かわしい。なんともはや嘆かわしいことだ。

世のお嬢さん方よ、あなたたちが衣服を選びケワイを施すその一分ほどの注意すらも己の姿勢に向けようとしないのは何故なのだ。
エステやらマッサージやらツボやら果ては補正力の有る肌着やら科学的に効果の立証されていないものに無闇に金を費やしながら自前のサポーターたる筋肉を発達せしめんと努めないのは何故なのだ。

あなたたちは美しくあらねばならない。少なくとも、選び抜いたその衣服、丹念に施したそのケワイを裏切らない程度には。

さあ、今すぐその糞便を避けるために考案された高下駄を脱ぎ捨てて、歩くための靴を履くのだ。
寒くても手で身をかばわずにすむよう、少しの外出でもきちんとコートを着けるのだ。
そうして、視野を十分に取れるよう、背筋を伸ばして、ただ、歩くのだ。
抜けるような秋の空と、美しい紅葉と、身を引き締めるような木枯らしを喜びながら。

欲をかくなら。

腹筋と背筋と内転筋を鍛えろ。
肩甲骨を開く運動をしろ。
ただ動かすだけじゃダメだ。きちんと負荷をかけて、筋肉を増強しろ。

特にそこの最近顔がたるんできたんじゃないかなと心配しているお嬢さん。
背中の筋肉をみっちり鍛えろ。
背筋が伸びれば、それに応じて首の後の皮膚と頭皮が牽引される。
するとどうなるか。
わざわざ額と髪の境目を切って皮膚を縫い縮めるリフティングなどという奇っ怪な美容整形手術があるが、あれと同様の効果が得られるわけだ。
手術もマッサージも化粧品もいらん。
筋肉を鍛えて内側からリフティングするだけで、皮膚の弛みが解消されるのだ。
おまけにその筋肉はあなたを腰痛の危機からも守ってくれる。
こんなにもお得で幸運なことがあろうかよ。

その昔いきさつあって和宮様のお骨を移転せねばならぬことがあったという。
皇族の女性は膝をけして開かぬよう縛って育てられたというが、なるほどお骨にもその跡があったらしい。
そうでなくとも、あのおもたげな衣装をまとって美しくふるまうには、並々ならぬ筋力が必要であったろう。

何かを塗って、まとって、つけて、それで美しくなるのは表面のみなのは自明のことだ。
そのような尽力を否定するところではないが、もしあなたが十分な尽力を表面に施すのであれば、それを活かしきることができるほどの筋肉を備えて姿勢を美しくしてほしいと、切に願う次第である。

おまけ:ハイヒールを履いて姿勢の悪くなっている女性のイメージ図
noi3.jpg

ドロヘドロより世にも美しき能井さまに出演いただきました)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひよこまめさま、コメントありがとうございました。

なんてんですか、ひらがなにするといよいよかわいいハンドルネームですね。ひよこまめ。
そうなんですよ、美しく装うからには美しい姿勢であってほしいんですよ。
んでやっぱりヒールってのはあれですか、バランスとりずらいもんなんですか。
自分は履いたことないんでわかんないんですが、あれは歩くための靴じゃあないと思うんですよねぇ。
ルイうんたら世が履いてたよーに、ほんのちょっぴりしか歩かずとも済む人が履くもんなんですよ。
それなのに何故世の女性はそんなものを履くのか。よぉわからんです。
んでもって…歯ですか。そんなに女性に肉薄する機会がないもんでわからないんですが、自分で気にならないんですかねぇ、そういうの。
世界中の女性が美しくなればいいのに!
世の中が美人だけになればいいのに!
毎日そう思いながら床に着いております。

とりあえず、ひよこまめさまにおかれましては、きっと美人さんなので楽しいです。
妄想がはかどります(自重しれ)

では!

ネコタ斑猫 拝

Re: No title

や、どうもご不快な思いをさせてしまったようで申し訳ありません。
問題点は調査対象とした母集団にあるようなので、またラジオ会館あたりに行ったときにでも見聞を深めてまいろうと思います。
ですが申し上げたいことが一点。
この記事の骨子は
みんな、姿勢をよくして、もっと綺麗になろうよ!
というところにあります。
せっかくきれいなおべべを着るんですもの、美しく着てほしいじゃあありませんか。
美しいおべべを着ていない人はいいんですよ。喪男とかきもいおっさんは、別に美しいおべべきてないでしょ。
でも、美しいおべべをことさらに選びぬいておきながら、あひるのような歩き方というのはいただけない。
別に男を上げておるのではないんです。
はっきり申し上げましょう、男なんざどうでもいいんですよ。
世のお嬢さんが美しくなってくれればそれでよし! なのです。
ガールズブラボー!

では!

ネコタ斑猫 拝

No title

>恰幅がよくなれば反り返るし、痩せた男性はみな姿勢がいい。

・・・
喪男とかきもいおっさんとか見てそう思えるんですか?すごいですね
何故最近の女性に限定されてるんだろうと思いつつ、年寄りから若者まで日本人が特別姿勢が悪いのは何故だろうとは思っていたので読んでみたのですが、
女の子に対する露悪的な下げっぷりに対してなんて苦しい持ち上げっぷり
恰幅がいいと言える太めなんて故岡田真澄くらい、痩せの域だけど姿勢がいいのなんてそれこそあんたたち界隈には超絶不人気のジャニや韓流くらいでしょう
他のメタボかガリ、つまり日本人の男の7割を占めてる喪男なんて、「太ってる」「痩せてる」と言うのもいやになる「ブヨブヨ成人病体型か寝たきり老人体型」です
女性もひどいと思うことは多々ありますが、筆者(性別知りませんが、どっちにしても自分に甘いか媚で気持ち悪いですね)があまりに片方に甘いのであえて逆に言いたくなります

その気持ち

とってもよくわかります。
きれいな子だと尚更もったいない!
あと真っ直ぐ立てない子が多い。
大体片方に体重かけてるか、
足をクロスさせて立っています。
私も昔ヒールはいてた頃は真っ直ぐ立てず
クロスしないとバランスとれませんでした。
今思うと異常ですね。
それに付け加えて、
歯にももっと手をかけるべきと思います。
歯並びは仕方ないにしても
明らかに歯垢ついてますよとか
前歯に虫歯とか。歯茎の色が悪いとか。
ああ、気になる…。
長文失礼しました。。。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。