いいかげんほどよく呑めるようにならんものか。

呑んだ次の日のワタクシ。

・転んだらしく両掌底がもみじおろし状態。
・転んだらしく痣はないのに両臀部がイタイ。
・転んだらしく色んなとこに痣ができてる。
・知らない人の名刺が手帳に挟まってる。しかも結構面白い職種の人で記憶にないのがもったいないレベル。
・知らない人の名前と電話番号とメールアドレスが手帳に書いてある。場合によっては住所まで。しかし全く覚えていない。
・なんかよくわかんないけどポケットにあめ玉が入ってる。
・しまいには見知らぬ天(以下略

このひともう外で呑んだらあかんとちゃうんか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うんうん。
解ります。その上、次の日まで無くなります。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック