これは、ともだちの、はなし。

いつもの酒場で片思いなひとをまっていたら片思いなひとはきたんだが話とちゅうでいなくなっちゃって地味に落ち込んでたところにとまともに正視できないくらいのレベルのすげーかわいい女の子が来て話しかけられたんだけど照れて照れて「ごめんなさいあなたがかわいすぎてちゃんとお話できません」ってまじでやって顔とか覆ってたらそのようすを見てたにーちゃんがやたら頭ポンポンという名のちょっかいを出してきて「何すんだいてーじゃねーか」と噛み付いてたにも関わらずなんだかしらんがそいつの部屋で朝を迎えていたらしいよ。僕はほんとうに好きだった片思いのひとには不釣り合いだったんだろうと落ち込んでいた。女の子は宝石のようにきらきらしすぎて美しくてどきどきしてそれもまた次回の僥倖を待つより他にどうしようもなかったといっていた。そしてお持ち帰った奴は筋肉骨格超タイプで10歳位年下だと言っていた。
まぁ人生は短くかつ楽しむことが肝要なれば従おう。
また土曜日に。

でもちんこがでかすぎてガンガン責められると痛いらしいな。どうしたらいいんだかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がろさま、コメントありがとうございました。

「ともだち」はこんな不品行をし続けるより一人の人と結ぼれたいと言っていましたよ。それが叶わぬからとてすぐ引き取り手が見つかるというにも驚愕だとも。まぁ買い手のいるうちは買われてればいいんじゃないですかね。ひと月前のよりは色々タイプだったらしいし。
しかし○衛隊が逗子なぞに宿舎を設けるとは知らなかった。外見からは超ふつうのアパートなのに中はおしゃれハウスなの。
ご武運を。

え~

拙者には「御自分」話に見えまするw

人恋しいこの時期に羨ましい話でござる。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック