スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷凍保存できる超衛生おにぎりの作り方

まずはおにぎり型兼保存容器たる

パックスタッフ ごはん保存容器 おにぎりタイプ エアータイト


を入手してください。

作業工程はこんな感じです。

onigiri.jpg

①保存容器を準備します。
 水気があったら拭っておきましょう。
②半分ほどご飯を入れ、そこにまんべんなくお好みのふりかけを敷き詰めます。
③最上部までご飯をしきつめます。
④蓋をして粗熱をとったら冷凍に回します。 
 利用時には蓋の空気穴を開けて電子レンジで「あたため」にセットすればよろしい。
 裏面の加熱ムラを防ぐためのくぼみに②と同種あるいは組み合わせて美味しい具材を入れることができます。 
 作業台に敷いたサランラップに容器を叩きつけてとりだしくぼみに適宜具材を入れて包装、粗熱をとったところでおにぎりケースに入れれば人間の手がまだ触れない超衛生的なおにぎりの完成です。

Q.何の具を入れたかわからなくなりませんか?
A.敷き詰めたふりかけは側面から地層のように覗けますので問題ありません。

ちなみに今週採用したふりかけはこちらです。

丸美屋 混ぜ込みわかめ しそ昆布


丸美屋 しっとりやわらか ツナマヨ


丸美屋 しっとりやわらか ほぐし貝柱 山椒


永谷園 超ふりかけ これぞ、うなぎ

にんべん  しっとりソフトふりかけ さけ


弁当を食べる時間が足りないという子どもの要望に応えおにぎりに切り替えました。
一日一個なので週頭に炊きたてご飯で作っておけば朝の手間が減り大変よろしい。
ちなみにおにぎりを包むのにホイルペーパーを採用したところ「くっつくからいやだ」という苦情が出たためサランラップに戻しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。