スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかげん日本ふんどし協会はあきらめなさい。

女性用ふんどしのめくるめく世界によるとワコールが女性用ふんどし「ななふん」を出し、「静かな」ブームを起こしたのが2009年2月。

「しゃれふん」ブームが「秘かに」起こっていたのが2012年6月

アメブロが「「ふんどし女子」増加中ってホント? 」とか言い出したのが2014年7月





anzaisensei.jpg
(安西先生@スラムダンク





ちなみに私はふんどしを締めたことがございます。
ずーいぶん昔にアキバで一反もめんのふんどしを子どもたちのおみやげに買ってきて、みんなできゃーきゃー遊んだ挙句折角なのでと試してみたんですが。

これ、女性の日常使いは無理ですよ。

男性のバヤイは脇から取り出してまた納めればええやないですか。
んでも女性のバヤイ臀部全面開放せにゃ始まりませんから紐ほどかなあかんのですよ。
そうするともう下着じゃなくなっちゃうんですよ。ただの細長い布になっちゃう。
トイレで落ちますよ。紐が便器に浸かりますよ。
落ち着きゃしませんよ。ひらひらひらひらええいこの一反木綿がァァァァ。
じゃー一部をゴムにすればいいじゃないかって?

そ れ を パ ン ツ っ て い う ん だ よ !

ふんどしは男性の下着だったでしょ。
女性は基本腰巻きだったでしょ。
「冷えやすい女性のためにしめつけない下着があるといいなーだったら日本古来のふんどしがー」じゃねんですよ。
日本の服飾史いきなり歪曲しちゃいけませんよ。

いいかげん日本ふんどし協会はあきらめなさい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。