診断書は診断書を出した日以前のことは担保しません

診断書は診察日以前のことについては担保できない
という、まぁ当たり前ながら想定外の話。

その日(あるいは次の日)に診断してもらわないかぎり「その日から本日まで抑うつ状態であり休養が必要だった」ということはかけないと。
なぜなら、今日より以前の患者の状態は診ていないから。

なんで、もし何かことがあって抑うつ状態になって、職場の状況として診断書が必要だと思ったら、すぐに病院に行ってください。
すぐにです。
自分では手に負えない状態だと気づいた時には、遅いかもしれないんで。
ネコタ先生からのお願いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック