スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメ横に「呑める魚屋」という新しいカテゴリの店ができていた件について

名を魚草という。

御徒町から上野に向かってアメ横をぶらぶらしておったら何やらえらい人だかりのできている店があった。魚屋である。が、その隣にテーブルが据えてあり、店の品をそのまま食べさせてくれるという。こんな旨い話に乗らないわけにはいかない。というわけで、並み居る人をかき分けてテーブルに陣取り、タラバコース、ホタテコース、牡蠣コースなどの魅惑のセットメニューの中から「スペシャルコース」とやらをオーダーしてみた。

スペシャルコースは

蒸しほたて1貝
甘エビ2尾
たらば足数本
生牡蠣一貝


という内訳である。

これで1000円と来たもんだ。

んで、すげー勢いで牡蠣剥いてる兄ちゃんを内心で労いながら待つこと数分。

gyosou2.jpg


こんなん出てきた。

gyosou.jpg

ちょwww牡蠣とほたてでかっっっwww

これで1000円てwww


(写真だとわかりづらいが、右手にある割り箸と比較していただくとそのスケール感を把握していただけるかと思われる)

んで、頂いてみた。

全部美味しいんだけどやっぱ牡蠣すごすぎwww
もうこんなでっかいのがプリップリだよプリップリwww
こんな天国来たことないわwww
何、牡蠣コースは産地別のこんなんが4貝で1000円なのwww
うわーやべー牡蠣コースにしとけばよかったわーwww


なおこの日はうちで鬼乙女が待ってるもんで遠慮したが、ラッパ飲み瓶ビール、日本酒、ワイン(シャブリのみ)などのアルコール類も充実、店で売っている魚介全てその場でいただける上にちょっと手をかけたつまみ的な何かも充実しているという
どう考えてもアメ横の次期覇者を狙えるであろうすげぇ店
なんである。

というわけで、次回の上野詣でにおいては、牡蠣コースに備え、岩塩とオリーブオイルとポッカレッモンと大きめの手拭きを持参しようと決意したのであった。
(調味料は醤油と調味酢とあとなんかもう一個用意してあったんだがこう牡蠣がでかいともっと強い調味料じゃないと押し負けちゃうんだよなぁ。なんという贅沢な敗北)

魚草さんサイト
外観、取り扱い商品に加えメニューががっつり載っていてわかりやすい。

食べログ 魚草
こういう店だと他所様の食べ方参考にして戦略考えざるをえない。メニューは無限、お腹は有限。

おまけ いつもの高崎やで仕入れた鬼乙女
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

返信遅くなってしまって申し訳ありません!
いかがでしたか?
牡蠣の季節はそろそろおわっちゃったかなぁと思って、次はなんだろうと狙っているところです。

ではぜひご感想お待ちしています!

明日、会社へいくので、探検してこよう。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。