スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずーっとにやにやしちゃうくらい嬉しかったこと@お母さん家庭教師続報

実は二日前の水曜日に大喧嘩したですよ。
数学の証明問題で。
錯角とか同位角とかあのへんの話なんだが(どうでもいいが参考書みたら補角っていう言葉が載ってなかった。マジか! )
平行であることを証明する問題に進んだらさっぱりわからんと。
まぁ想定の範囲内なので「じゃあ例題からやってみよう、これ読んで」っつったら急に黙る。
問題読まねぇの('A`)
そんで結局大喧嘩('A`)
しまいにはうちの子「お母さん気持ち悪い」とか言い出してですね('A`)
人間の尊厳まで蹂躙されましてですね('A`)

あー、こりゃ次ないなー、とか思ったんですけども。

今日つるっと「英語の単語帳の作り方とこないだできなかった証明問題をやりましょう」ってメール送ったんですよ。
そしたら電話かかってきましてね。
「今日は気分がいいからそっちにいく」とな。

イヤイヤイヤイヤそんなうまい話があるもんかい。
でもまぁ来るっていうんなら来るんじゃね? 

とかどきどきしながら待ってたらですね。

ちゃんと来てですね。

まぁいきなり証明は難しいと思うんで、
まずは予定通り英単語帳作りました。
それから錯角とか同位角とかを利用して角度を割り出す問題を一通りやらせてですね。
証明問題
に行きました。

証明問題がわかんないってのは、
・何がゴールなのかわからない
・ゴールに向かうための戦略が立てられない
・証明の書き方がわかんない
この3つが原因だろうから、
・問題をよく読んでゴールを理解すること
・戦略(=解き方)は中学生の数学だったらパターンたかが知れてる、とにかく数をこなせ、全く新しいことってのは出てこない
・証明の書き方は慣れしかない、お母さんの説明聞いてからとりあえず参考書の証明をそのまま写してみろ、今回はそこまでで大丈夫、今度また別の問題をやって書き方に慣れていこう
という話をしまして。

説明したら一応わかったらしくて。
それから引き写しまでやらせて終了にしたんですが。

いや、何が嬉しいって、超えたことですよ。
難しそうだっておじけづく自分自身を。
気持ちよくわかりますよ。証明問題、あれ、初めて見たら大体わけわかんないもん。
論理的な思考にも慣れてないだろうし。
でも、証明は点数配分多いし、がんばろうぜってやったら、ちゃんと努力するのね。

あー嬉しいわー。
解き方見てるとけっこう癖とかあるから(びびりだといってるのに勘で角度入れて間違えたりとか、びびりだったらきちんと手順踏めよ! とお説教)
そういうのこっちが察して指摘して修正してできるようになってくの見るのもマジ楽しい。
なんだろう、新しい扉が開いた感じ。
もしほんとにあいつの点数が大幅上昇したら、家庭教師とかやってみようかしら。中学生限定で。

まぁ、自分の子どもだからツーカーでわかるっつー部分はあると思うんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。