乾燥・冷凍食品製造会社の方々にお願いしたいちょっとした包装の変更点のアイデアについて

どうか、どうか、
袋の切り口に商品本体に対する2センチ程度の遊びを設けてはくださらないか。
そうすれば

エニーロック
や、

どこでもキャップ
や、
各種の熱圧着式シーラー、あるいはクリップ、テープを利用して封をすることができるのだ。
どうか、どうか、別容器に入れ直す手間もかけられない程に余裕のない私たちを助けてほしい。
何、数センチシーリングの位置をずらすだけだ、
工程、材料費ともそうはねあがりはすまい。
どうか、どうか、私たちが買い求めようとするあなた方の商品に、
「販売パッケージ」
がそのまま
「保存パッケージ」
になりうるというすばらしい属性を与えてはくれまいか。
そうすれば、あなた方の考えたすばらしいパッケージは、
商品がある限りそこにあり続け、
「私という商品が一体どのような材料から作られているか」
「どのような扱いをすれば私という商品の最良の性能を引き出すことができるか」
そしてもちろん
「私という商品があなたの(主に嗜好上の)需要にいかにすばらしく適合しているか」
を主張し続けることができるのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック