スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町の本屋さんを延命するためにやっているささやかなこと あるいはチェリーにまつわる憂鬱

ナショジオは出版社定期購読をしております私ではございますが
緊急性のない雑誌については町の本屋さんで買うようにしております。

(※因みに緊急性があるのはマンガ単行本。こればかりは限定含め職場近くで必要に応じて予約して買ってます。待てないからネー)

閑話休題。

そこは、チェーンじゃない、老婦人がたまに孫の面倒見ながらやってるよーな、もはや天然記念物モノの町の本屋さん。
そこで買えば、少しでもその店を延命することになるような気がしてですね。
dancyuは必ずそちらで買うようにしておったのですが、
渡米中の子どもが「大学への数学送って」というので、店頭にないのもあって書店通じての定期購読をお願いしました。
あともう一冊、なんかツタヤにも文教堂にも入荷してなかった最近創刊のとあるマンガ誌も定期購読をお願いしました。
で、本来的には入荷次第電話で通知が来るはずなんですが、なんか留守電の調子が悪いらしく、こちらも週一ベースで伺うもので通知不具合については不問にしておりました。

本日。
「すいませーん、『大学への数学』って入荷してますかー? 定期購読でお願いしてたんですけど」
「あ、確か見ましたよー。」(言いながら後ろの取り寄せ棚を見てくれる老婦人。しかし見当たらん様子)
「あ、もし見つからなかったらまたどうせ来週dancyu買いに来るからいいです」
「いやー多分みたと思うんだけどねー」(と今度は引き出しをがさがさやりだす)
「すいませんお手数おかけして。うちの海外留学してる子どもに頼まれて送ってるもんで―」
「え、そうなんですか、お子さんおいくつなんですか? 」
「高一になりますかねー」
「それはすごい勇気ですね! 」
「いやーでも英語がやっぱり障壁になってるみたいで、出来るのは数学だけらしいんですよ。
こちらでお取り寄せいただいてる大学への数学のおかげですよー」(ちょっといいこと言ったつもり)

というやりとりの最中、
「ネコタさま」
と書いてある束が引き出しより発掘されまして。

「あー7月8月分ありますねー。すいませんこちらの確認ミスでー」
「いえいえ、どうせ2月分まとめて送るんで。高いんですよ送るのー」
と言いながら会計に向かいレジに通していただく。

すると。

大学への数学の下から
甘詰先生表紙のヤングコミックチェリー2カ月分
ももれなく出てくるわけですよ。





なんかもうどうしようかと思った。

カッコつけていいお母さん演じた後にこれですよ?
何? どうすんの?

私は叫びたくなりました。

違うんです!
これは息子に頼まれたものではありません!
別にアメリカに送るわけではありません!
私が読んでいるんです!
因みに何故こちらで定期購読かというと
ツタヤ等メジャー書店に取り扱いなくコンビニメインで入手状況不安定だからです!

 
(因みにツタヤ文教堂に取り扱いなくコンビニメインなのは出版社さんに確認済)

あっ、因みに主な目的はアレです、
「マンガでわかる心療内科」のゴールデンコンビ、ゆうきゆうとソウさんの『モテるマンガ』
ですからね!
甘詰先生とか、ポン貴花田先生とかじゃないです!
あっでもちょっとL.O.の表紙書いてたたかみち先生も気になったりはしてましたーハハハハハ…」

ま、言いませんでしたけどね。
言うとますますややこしくなるからね。



んで今読んでるけどこれすごいエロい。想定以上にエロい。18禁だったヤングコミックからなんだかしらんが童貞逆戻りした創刊号からうすうす気づいてたけど飛ばし過ぎ。チェリー言うてるけどね、童貞の妄想は時にリアルを凌駕するからね。つかリアル知らない分なんかいろいろ凌駕するからね。てか
じゃんぷーのTo-loveるがさー雑誌ではあんだけ乳首規制かけてんのにさー
これいいの? 18禁じゃないのに乳首いいの? めっちゃでとるやん!
 
というのが正直なところです。
大丈夫なのかヤングコミック。チェリーとつけたはいいが規制されたらかなわんぞ。

というわけでですね、自分はちょっとこう、じゃんぷーの食戟のソーマとかに続くですね、エロのソフトランディングツールとして現在中二の下の子に与えてやろうと思ったんですが、ちょっとエロすぎるのでマジ自主規制しました。具体的には創刊号だけエロすぎるページをマスキングテープでまとめてから「これの『モテるマンガ』すげー面白いから読んでみ。あとテープで止めてあるとこはエロいから読みたければ破って読むといい」と言って渡しました(いやなお母さんだなオイ)。因みにゆうきゆう先生のだけ読んだらしくて面白いといってました。二号は自主規制面倒でとある場所に隠してたんですがなんか全部読まれてた様子。

まぁええわ。

ただ、こいつは童貞向けというより、マジでかなりエロ上級者向けの仕立てです。
上記で童貞逆戻りと書いた通り、なんか色々見つくした(やりつくしたとはいわん)ひとが着エロに戻っちゃうよーなそんな感じです。
んでこちらコンビニのアダルトじゃないとこに置いてあるらしいんで、
子どもをお持ちのお母さんと編集さん、色々気をつけてね!

あ、あと雑誌特有の思わぬ出会いについて。

作家さんは全く知らなかったのに、読ませていただいてすごく面白いな、これ読むために定期購読してもいいな、と思った連載が、
環望先生の「Hard Nerd Daddy -働け! オタク!-」
と、
琴葉とこ先生の「バージンコンプレックス」。

オススメです。

こういう出会いがあるから、雑誌っていいよNE!


どどどの日誌さま、記事の紹介ありがとうございました。きぎたつみさんの「ウドーくんの彼女」もすっごい良かったですよ! 彼女かわいいし心理描写繊細だし! あと今号で連載終わっちゃって残念な山のりんりんさんの「かなり下の方の佐藤ヒロシ(弟)」も良かったです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。