スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃弱体質。

昨晩楽しく呑んで胃が弱っていたからかもしらん。
職場にあった昨日の宴会の残り物のサンドイッチ食べたら上から下から全部出た。
その後太田胃散飲んだけどそれも出た。
結構仕事たまってるもんでなんとかちみちみこなしたが
昼休みは机に突っ伏して耐えてた。
んでやっぱ午後になって吐き気に耐えきれなくなって早退。
電車に一時間乗ってる間も色々耐えてた。
そのまま病院へ。
幸い患者は自分の前に一人しかおらん模様。ラッキー!
と思ったらなんか暇でしょーがんないっぽい先生が20分位その患者さんの相談に乗っとる。
まぁしょーがんないよなーと耐えてた。
んで自分の番来てへろへろしながら
「すいません今ここにある危機なんですが」(←こういうこというから余裕があると思われるのかも知らん)
と事の次第ををお話ししたところ、まぁ整腸剤だの胃薬だの一通り処方箋書いてくれたのはいいんだが
「先生もねー、前お寿司これ以上入らないっていうくらいおなかいっぱい食べたあと残ってた日本酒もったいなくて呑んだら全部出ちゃったことあるよー」
「先生ビール呑むと必ず下しちゃうんだよねー。どーしてかなー」

知るかゴルァとっとと薬出せや。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。