スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕についての疑義

このところ七夕に何かをお願いするのが通例となっておるようだが、七夕って織姫と彦星が結婚したはいいが夫婦生活が楽しすぎて二人して仕事ほっぽらかったせいで引き離されてでもあんま織姫が泣いてるからしょーがんなくて天帝が一年にいっぺんだけなら会わせてやるよーみたいな話だろ。
そんなちまい自分たちの願い事すら満たせねぇあいつらが絶対人の願い事叶える力持ってるわけねぇし関心もビタイチ持たねぇと思うの。
でもそういうこと言い出すとアレだよねそもそも七夕ってよく考えたら誰に向けて願ってるかよくわからんよね。
願い事は常にさらしもんだしね。
するってぇとアレか、実のところ七夕ってのは公表するに無難かまたは笑いを取れるネタを持ち寄る大喜利大会みたいなもんか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。