娘から母への世界一不器用な手紙

私はなかなか素直になれない人間です。
が、その分、あなたから「更年期障害じゃないの」と指摘されるくらい体調が悪く見えるときでも、そちらの家族のためにごはんを作り届けております。
あなたの娘が、言葉や表情や態度ではなく、行動でしか示せない種類の人間であることを、そろそろわかってください。
あなたと同じように振舞わないからといって、求めた反応が返ってこないからといって、嘆いたりしないでください。
私のこころは、例えば、バターと牛乳と小麦粉から手作りしたシチューの中に入っています。
美味しいと思ったら、それが私のありがとうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック