スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子持ち高菜または四川児菜の温野菜サラダ

子持ち高菜という聞き慣れぬ野菜を見つけた。
栽培が始まったのが2010年というごく新しい野菜。アブラナの仲間で、多少辛味があるものの、生食、炒め物、天ぷら、スープなど何にでもつぶしが聞くマルチな野菜のようだ。
農協の方によると、「ベーコンと炒めるとすごく美味しい」とのこと。
ふむ、ベーコンならあるので引き取ろう。

さて家に帰って本人に対面してみる。
こちらの頁など拝見したところ、これはどうも葉をはがして使うというよりも、茎の真白き膨らみの食感を楽しむのが正解のようだ。
少しかじってみたところ、成程芥子菜のようなぴりっと感があるものの、アクセント程度、気になるほどではない。
そして今回はマッシュルームと南瓜も温サラダにするつもりで確保してある。
よし、こいつらを使って一つ美味いもんを拵えてやろう、と段取りを考えた。

まずは南瓜を切る。種をとり薄切りにしたのをさらに1/3に。魚焼き用グリルに放り込んで焦げ目をつけておく。
子持ち高菜は縦に8分割。長いのはさらに斜め切りにするが、このときできるだけ葉っぱだけにならないように茎の部分を入れて斜めに切る。ごく浅めに蒸し器で蒸す。
マッシュルームは小さかったので半分に切る。ベーコンは1センチくらいのざく切りに。オリーブオイルを多めに入れたフライパンでよく炒め、バルサミコ酢をこれまた多めに入れる。これが味のベースになるのでよく味見し塩などで調整する。
焦げ目のついたかぼちゃと蒸しあがった子持ち高菜をフライパンに入れ、大きく混ぜるように炒める。そこにローズマリーを散らせば出来上がりだ。

というわけでなんかすげぇいい感じに仕上がりました。新しい食材を使った料理は楽しいな!

komotitakana1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。