すごいきょぢちのひと

しょくばにもーすごいきょぢちのひとがいる。
なんかロケットみたいなの。
ばいーんってなってるの。ばいーんって。

マジンガーZのメスいるじゃん? あんな形で
火急の際にはあれ飛んでくんだべって感じの。
下手なこと言ったら乳で張り倒されんべって感じの。

で、そのきょぢちさまがね、
「ダイエット始めたのよ」
とかおっしゃるわけですよ。

「基礎代謝上げるといいっすよ! 腹筋とか! 筋肉の面積広いから基礎代謝あがりやすいんですよ! 」
つったら
「あー私腹筋出来ないのよー」

(…それは筋力がないという意味なのか?
それともつっかえるからなのか?)
(もしかすると背筋もああなってああなるから無理なのか? )

「だからとりあえずウォーキングから始めようかと思って…」
「あ、そーすか、それもいいかもしれませんね! 」
なんてお茶を濁しておいたのだが。

きょぢちは大変だな。

あと、序に、きょぢちに対する私の誤った偏見をここで修正したい。
以前私は同じく職場のきょぢちが年若い同僚男性にその惜しみない乳を押しつけておる場面を目撃した際
余り品がよろしくないなぁ
などという浅薄な感想を持ったものだが
んなこたーない。
きょぢちは乳高があるのだ。
だから近くに寄らば必然的に触れてしまうのだ。
何しろ自分も廊下できょぢちと携帯を見ながら話をしているときに
いつのまにやら下腕に乳を押し付けられ
「なんだなんだこれは誘っているのか!!!??? しかし年上女性はノーセンキュー! 」
とわけのわからないうろたえ方をしてしまった覚えがある。
きょぢちは嵩高く、重い。
そしてたまには、過ぎたるは及ばざるがごとしの場合もある。

いいことばかりではないきょぢちではあるが、きょぢちでない私としては、
願わくば全てのきょぢちが、歯科助手さんのようなラッキースケベを惜しみなく実現してくれる世界がやってくるよう祈るばかりである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sさま、レス遅くなりました。

> 女性ばかりの歯科に通院しておりますが
> 頭に乳があたる歯医者というのは都市伝説ではないかとばかり・・・
> ああ、どこにあるんだろう。

それはきっと女性らの乳力が足らんのですよ!
乳が貧しいとものすごい肉薄しないと乳あたらんですからね!
あとマジレスすると歯石とかとってもらうと長丁場になるからよいと思います。

では!
ネコタ斑猫 拝

No title

女性ばかりの歯科に通院しておりますが
頭に乳があたる歯医者というのは都市伝説ではないかとばかり・・・
ああ、どこにあるんだろう。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック