相変わらず部屋から花火が丸見えの僕の家

子どもたちはそれぞれ友達とつるんで花火見物

家でまったり呑んだお伴は

八十八夜 蔵出(香佳鶴)

花火の度に他のマンション住人からも歓声が上がって、なんだか妙な一体感
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック