スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラマンレオの弟アストラの設定が厨二的ホモォ過ぎる件について

「アストラはウルトラマンレオの双子の弟で、レオと同じ獅子座L77星の出身。劇中では単に弟としか紹介されておらず、放映当時は雑誌記事でのみ双子であると説明されていたが、後年、公式設定となった。
レオからは、L77星が壊滅した際に死亡したと思われており、劇中でもそれを踏まえた発言が散見される。雑誌などで公開された裏設定によると、
マグマ星人に捕らわれていたが、ウルトラマンキングに救出された
元々はレオとよく似た容姿だったが、救出された後、治療のための大手術を受け、今の姿となった
と語られていたが、第22話でのおおとりゲン=レオの回想シーンでは、既に現在の姿になっている。捕らわれた際に付けられた左太腿の鎖「マグマチックチェーン」は、キングの超能力も受け付けず、今でも外せないままとなっている。腹部のシークレットサインは「アストラ」を意味し、L77星人の証でもある。資料によっては「L77星の王子で、腹部のアストラサインは王子の証である」との記述があるが、本編では語られていない。また、敵が接近すると額のビームランプが点滅して危険を知らせる。
第22話で、兄弟怪獣ガロンとリットルとの戦いで危機に陥ったレオを助けに現れたのを皮切りに、第33話では戦闘不能に陥ったレオを助け、第36話では壊滅の危機に瀕したMAC本部を救うなどの活躍を見せた。第38・39話ではババルウ星人に捕らわれ、レオとウルトラ兄弟が同士討ちを始めるきっかけを作ってしまったこともある(にせアストラ参照)。だが、ウルトラマンキングの助けでレオと共に事態を収拾した後、ウルトラ兄弟の一員として迎え入れられた。
戦いの場に半ば、乱入するような形で登場する場合がほとんどだったため、レオのサポート役という印象も強いが、本作最後の登場となった第46話では、負傷でまともに戦えずに苦戦するレオに代わり、ハングラーを倒すなど、その戦闘力はレオに勝るとも劣らない。
普段は宇宙を旅しており、ナレーションで「どこへ行くのか、誰も知らない」と語られるなど、どこで何をしているのかは兄のレオですら知らない。
Wikipediaより引用)

更には
「(マグマ星人は)シリーズ中盤、レオの弟、アストラを拉致、奴隷にしていた事が発覚、ウルトラマンキングに奪還されたあと、地球に兄弟怪獣、ガロンとリットルを送り込むまで、虎視眈々と地球とレオを狙っていました。」(
(「マグマ星人の謎(ウルトラマンレオ) | OKWave」より引用)





…何だこの腐女子が大喜びしそうな厨二設定。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。