スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある小さな写真展で私が写真家さんに伝えたかったこと

あなたの写真は美しい。
私はパソコンの壁紙にしたいと思った。
そして、私と同じように思う人はたくさんいるだろう。
だから、あなたの写真のごく一部でいい、
壁紙サイズにして、ネットに公開して欲しい。
そうしてそのときには、画像の片隅に、写真の邪魔にならないように、でもきちんと確認できるように、あなたの名前とサイトアドレスを入れておいて欲しい。

壁紙サイズに仕立てられたあなたの写真は、それを美しいと思った誰かによって、
某巨大掲示板の「美しい風景写真」系列のスレッドに張り付けられることだろう。
そしてそのうちまとめサイトに載るだろう。
まとめサイトを見る大勢の中に、
その写真を撮ったのが誰であるか、他にどんな写真を撮っているのか、知りたくなる人がいるだろう。
その人は検索するだろう。
そしてもう一度、あなたの写真に出会うだろう。

だから、あなたの写真のごく一部でいい。
壁紙サイズにして、ネットに公開して欲しい。
そうすれば、あなたの写真と誰かの距離を、もっと短くできるから。


というわけで、その写真家さんはこちら。
gaiko world -そこでしか撮れない写真-


オーロラ、雪原、白頭鷲…アクリル板に転写された写真は、壮大で透明感があり、
サラサラの雪や冷気の匂いまで伝わってくるような、素晴らしいものばかりだった。
売り物としては片手に収まるほどの写真集と展示のアクリル写真が用意されていたが、
もっと簡便に、ただ、よい印画紙に丁寧に出力した絵葉書やA4B5のポスターを販売しておったらば
(あるいはいっそその場に上質プリンタ持ち込んでお好みデータをその場出力ご希望に応じて著者サイン入りまでやってくれれば)
お気に入りの風景を連れて帰りたいという衝動に勝てるものなぞいなくなるんではなかろうか。

手前で良質出力出来ちゃう時代だもの、そういう実験をしてみませんかね?
そうですねぇ、
まずは、小体なギャラリーで展覧会を開いてる、カメラマンのあなたから。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。