赤坂サカスイベントで頂いた昔給食。

「第一夜〈軍国主義〔未来〕1944-1947〉給食セット。メニューは脱脂粉乳、味噌汁で300円。」

kyuusyoku.jpg

絶対量はすくないものの味超うめー。脱脂粉乳は薄いんだがほのかな甘みがあって悪くない。味噌汁に至ってはまるの里芋と乱切り人参にまたごつごつした切り方のキャベツが入って味わいも佳し!





(当時の調味料の粗悪さ作物の苦い不作を踏み越えて今様再現料理を謳うその切実なる傲慢を笑えよ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナイショさま、コメントありがとうございました。

尤もです。
けしからんというより、なかったんではないかなぁ、と。
けしからんのはおっ○いだけでじゅうぶんです。

おっ○い! おっ○い!

投稿しようとしたら自分のブログなのにNGワードに引っかかっちまった
ネコタ斑猫 拝

あにさま、コメントありがとうございました。

以前別資料で見たことがあるのですが、脱脂粉乳の供し方は写真の通りでした。
脱脂粉乳はアメリカから食糧支援で届いたものだったはずなので、
まぁ、今のようにほのかに甘みがあってあっさりしているというような味わいではなかっただろうと。
折角の再現給食ではあったんですが
「量が少ない」
ということ以上に伝わるものはなかったんではないかなぁ、と。

給食の人参、青臭かったという人が多いんですが、自分はよく覚えておらんのですよ。
自分が覚えているのは、イカのリングフライを見て
「どーやってくっつけたんだろー」と悩んだということぐらいっす。

うちで食べたことなかったもんで、輪切りにしてあるという発想が出なかったんですねー。

このお子様め!

では、コメントありがとうございました。

ネコタ斑猫 拝

No title

美味い戦中メシなんぞ、けしからん!

と、右翼のおっさんが美味しんぼの中で叫んでたよ。

No title

脱脂粉乳は、伝聞でしか知らなかったのですが、こんな感じで出されていたんですね。
「おもひでぽろぽろ」に、こんなの出て来てたかな?

アルマイトの食器、懐かしー。
こんなキレイなんじゃなくて、傷だらけでちょっとボコボコだったなあ。
当時、給食の人参が大嫌いでした。
何か、臭みというか、独特の青臭さがあって。
今は、野菜全般大好きですけどね。
野菜の味も、変わりました。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック