スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松迎え

matumukae.jpg

よく晴れた日だった。小町通りから一つ脇にそれた小路を歩いていると、塀の隙間に細く続く私道が覗けた。迎えて来たばかりであろう松は塀に凭れかかり日だまりにゆるゆると温まっている。明日になったら出荷もするがそれはそれとて今日は静かである。その静かがいとしくて、斜めに差し込んでくる日だまりが親切のようで、私はこの緩やかな静謐を記録しておこうと思い立ったのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。