何が君のしあわせ 何のために生きる わからないままおわる そんなのは い や だ

第二子との抱擁
第一子による承認
ナショジオを筆頭とする書誌による想定外の記事さらに深堀
それにより現出する新たなる地平
今この小さな厨房で行う限りある調味料材料拙く駆使した一期一会の美味の創出

搾りこむと今俺を生かしているのは大体上の骨子。他は幸せなオプション。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック