スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかすげぇ職場DEATH

倉庫に籠城して奇声を上げたり金属音を立てたりする人がいた。
ぱったり休んだ後
上司づきとなって今はなんとか出てきている。

心を病んでドクターストップかけられて暫く出てこない人がいた。
今日の午後見かけてほっとした。

昨年度入った新人さんは皆いつかなかったという噂を聞いた。

つい先日
休日の運動中に
おそらく過労からくる心筋梗塞で倒れた人がいた。
三日目に意識は戻った。
しかしその件については一切公には告知されず、
直属の上司からのお知らせと噂話と非公式なメールでなりゆきを見守っている状態。

仕事をやらない人はいまひとつやらず
その分仕事ができる人に過重に仕事が配分されて
毎晩タクシーでなんとか帰宅する。

今の直属の上司は素晴らしく仕事のできる人なので
これから午前様モードの担当になる。
念願の第一子が生まれたばかりなのに。

ハチスハドロニサキイデテ、ハナハヨゴレニケガサレズ

けなげな人々はマスコミのそしりに頓着する暇もなく懸命にひたすら懸命に働いている。

(命をかけたチキンレース)

私はせめて
異動する直属の上司の後顧の憂いを除くために
真摯に健常に
粛々と
仕事を処理してゆこうと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナイショさま、コメントありがとうございました

なんか不思議システムなんですよ、ここは。
情報共有がなされない。
正職の人がほぼ2年ごとに部署を異動して、複数年更新かけてる契約の方の方が情報を握っている状態になる。
これはもうややこしくならない方がおかしいシステムです。
そういう中でやりこなしてる正職の方々はほんとにすごいと思う。
仕事が微妙な人たちの中にも
斜め上にがんばる人
なんかリジェクトする人
色々いてまして。

でも私の子供は私が守る筋じゃねぇです。
中二の子供なんてすっげぇアレですよ。もうドメスティックバイオレンスぅみたいな感じ。
うちの両親と比べて「お母さんの給料安いよね」とかいうなぁぁぁぁ!
くそーまたこっそり美味いもん食ってやるー(←ダメな大人

いやもうほんとのこというと結構陰惨。
でも気付いた。ものにあたるってことは彼が私に手を挙げないための選択だと。
いいやつ?

では!
ネコタ斑猫 拝

ふくちゃんさまはアレです、すごく能力が高いからアレなんだと思います

おつかーれーさまでーすー
いやー研修でお会いした時
「なんてすごい人なんだ」
と思いました私。
人のまとめ方とか、解釈とか、もーぶっちぎりでしたもん。班では誰がどう見ても一番素晴らしかった。
あんとき質疑応答もふくちゃんさまがなさっておれば…とか思ったのはナイショです。ナイショですよー。
うちの直属上司の方とか見てても思うんですが、ほんとうに正職の方はよくまぁあれだけ他分野を渡り歩いて脳みそが持つなぁ、と。
やはり頭のタフさが違いますね。
うちは正職の方たちにおいては激務も激務なんですが
それ以前に人数多いせいか色々クラスタがあってどうも情報他の風通しが悪い。
ファイル名の付け方に絶妙な差異があって検索しても一度に出てこなかったりとかですね。
このデジタル時代に結局ハードコピーベースでやるのが一番早いとか何のギャグかと思いますよハハハ。
あとカチョーが強欲。無茶振りしすぎ。
というわけでですね、体力仕事人間関係でもれなく追い詰められて皆さん顔色が悪くなるという恐ろしい職場です。
私は同期に恵まれて少し楽ではありますが…。
こんな中で私は一輪の花でありたいとか思ったりしてます。ハイ。
では!
た~か~の~つ~め~

ネコタ斑猫 拝

No title

入るのには高いハードルを乗り越えなければならず、いったん入れば手抜きしても生き残れる。高校、大学で知ってしまったそのような世界を、社会に出てからも続けたい。ラクしたい。

そのような気持ちの表れだとすれば、あまりにも間違っている。


頑張り過ぎて心を殺される上司や同僚、部下を、頻繁に見る。次は誰の番かと疑心暗鬼になる。

自分を壊さないようにする自己防衛本能だとすれば、あまりにも悲しい。


願わくは、せめてそのようなラクしたがりの人らに巻き込まれないように。一緒になってラクをしろとは言わないわ。真摯に、でも巻き込まれることなく。

あなたの子供を守るのは、あなた自身の心と体。

No title

御社の激務、お察しします。比べれば我が社は(少なくとも貴職と同分野においては)ぬるま湯です。先日の管理職面接で「ストレスの多い職だろうから、何でも相談して」といわれて、今の状況ではまだまだピンと来ないなあ、と思いました。元々我が社の管轄領域でもきちんとやろうと思ったらこの分野のみで専従2名は必要、でも実態は兼務1名(従事時間で考えれば0.3人役くらい?)+専従嘱託1名でどうにか回している……というか回るようにしかできていない。6年前をピークに部署全体で3名減、ぬるま湯だから人が減るのか、人が減らされたからぬるま湯と思い込もうとしているのか。せめてこの遠隔の地より、御社の皆様がお体壊されませぬようお祈り申し上げます。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。