スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たった100円で豆から選んだ挽きたてコーヒーを頂けるシステム@福岡合同庁舎

そのシステムは、地下の食堂の片隅にひっそりと佇んでいた。
coffee1.jpg

先ずは一番右のカプセルトイ販売機的装置に100円を入れ豆を買う。豆はこう、じゃーって感じに、アウトドアっぽい金属製カップに出てくる。
種類は
ブラジルサントス
モカ
キリマンジャロ
コロンビア
アメリカンなオリジナルブレンド
coffee2.jpg

ミルの上からじゃーっと入れて豆を挽く。挽き加減も選べる。
coffee3.jpg

紙コップをセット、挽いた豆を上から入れてコーヒーを抽出。何やら氷を使って薄まることのないクイックールという冷却システムがこいつの一番の売りらしいが、フツーにホットにしてしまった。
coffee4.jpg

ツレは
「期待したほどじゃないね」
といっていたが、自分は面白くてしょーがんなかったぞ。
福岡庁舎の人はこんな面白いシステムで毎日コーヒーが飲めて羨ましい喃。
coffee5.jpg


【小人閑居シテ駄文記ス】さま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。