スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴場的超絶面白スポット観音崎自然博物館のご紹介ッッッ!!!

三浦半島の先っちょに観音崎自然博物館というものがあるのを御存じかッッッ!!!???
今回の訪問で小体ながら編愛的なほどの展示へのイカレっぷり力の入れっぷりを知り正直驚愕したッッッ!

というわけで本記事ではかいつまんで面白ポイントをご紹介だッッッ!!!

①博物館なので標本展示に偏りがちかと思いきやナマモノ展示超充実ッッッ! タナゴとかの淡水魚の見事な展示があるッッッ! ハリセンボンもいるッッッ! ヘイケガニもいるッッッ! シュレーゲルアオガエルもいるッッッ! シダ植物もあるし窓から庭のハマユウに目線は誘導するし、海藻類はなんか新鮮なのが海水に浸して展示してあるし、なんかちょっと学芸員さん頑張りすぎィィィ???
てかマムシまでいるゥゥゥ!!!???
kannnonnzakisizennhakubutukan20.jpg

②現在特別展示で「秋の虫展」開催中。勿論生体展示。しかも種類パネェ!
「フタホシコオロギ・クチキコオロギ・ツヅレサセコオロギ・エンマコオロギ・オオオカメコオロギ・カマドコオロギ・キリギリス・ヤブキリ・オオクサキリ・サトクダマキモドキ・ヒメクダマキモドキ・クサヒバリ・ハヤシノウマオイ・ホシササキリ・オナガササキリ・カマドウマ・イソカネタタキ・ヒロバネカンタン・コガタカンタン・クマスズムシ・ヒメコオロギ・ヒゲシロスズ・カヤキリ」(サイトより引用)
全23種。これが一室で鳴いてるもんだから秋の野の再現度は高いが実のところ聞き分けづれぇッッッ!!!???
てか玄人は市販のフツーの飼育籠横にしてフィルムケースに活けた草入れて展示すんのなー。なんかかっこいいわー。

③その秋の虫展の一番奥で虫盒展やってるッッッ! どうも館長の趣味らしいッッッ! 館長、その筋のすげぇ人と見たッッッ!
※虫盒とはッッッ???
ものすごく簡潔に言うとクサヒバリの飼育ケースだがこれまた中国で発展したもんだから細工がものすごく細密ッッッ! 嗅ぎ煙草入れのような小宇宙を感じさせる素晴らしい出来ッッッ! くわしくはこちらのページを参照のことッッッ!!!

④てか入口右手にはこんな超稀少そうな虫盒他中国の鳴く虫関連蒐集品がケース3段にわたりガッと置いてある! こいつはただモンじゃねぇニオイがプンプンするぜぇ~ッ!
kannnonnzakisizennhakubutukan3.jpg

⑤と思いきや目玉展示チラシには玄人なりのヤブカラボーなクールさが!
kannnonnzakisizennhakubutukan4.jpg
ああ、死んじゃったんだ……('A`)

⑥こんなに小さい(失礼)博物館なのにッッッ!
化石・鉱物標本の雄東京サイエンスの標本を扱っているッッッ!
のみならず化石・パワーストーンのカプセル自動販売機まで装備ッッッ!
その驚くべき取扱商品とはこちらだッッッ!
kannnonnzakisizennhakubutukan8.jpg

kannnonnzakisizennhakubutukan6.jpg

300円という安値もスゴイが、
大当たりが
メテオライト(東京サイエンス価格表で1,000~)
スピノサウルスの歯(東京サイエンス価格表では4,500・9,000~)
という
マジモンの大当たり!
当然の如く化石を二回やったが当たりゃしねぇ!
そりゃそうだ!
もう10,000個に1個くらいのウルトラスーパーエクセレントにアグレッシブなレアものにして大人買いになれた人生舐め腐ってるガキどもに現実を教えてやってくれい!!!

因みにうちでは東京サイエンスで買った100円の角ケースに入れてカッコよくしてみたぜ!!!
kannnonnzakisizennhakubutukan9.jpg

こだわりの東京サイエンスらしくカプセル同梱の説明書もしっかりしてるので題箋づくりも簡単だったぜ!
kannnonnzakisizennhakubutukan5.jpg

⑦生体展示を補うものは今となっては懐かしい感さえあるホルマリン漬け、乾燥標本と模型だッッッ!
ホルマリン標本にはこんなレアものがッッッ!!!kannnonnzakisizennhakubutukan2.jpg
左から
クロアナゴ
クロソイ
ネコザメ
サケガシラ
だとか。

サケガシラなんて聞いたことねぇよ!
※調べてみたら条鰭綱アカマンボウ目フリソデウオ科の魚類の一種で立ち泳ぎしてるらしい。この長さで立ち泳ぎか……('A`)コェェヨ

他小さいマンボウ
kannnonnzakisizennhakubutukan13.jpg

乾燥標本には
kannnonnzakisizennhakubutukan12.jpg
こんなスタンダードなものから

kannnonnzakisizennhakubutukan11.jpg
こんなマニアックなものまで!

そして模型ッッッ!

kannnonnzakisizennhakubutukan15.jpg

どう考えても帆船模型マニアがいます的充実ぶりからッッッ!

kannnonnzakisizennhakubutukan14.jpg

手仕事が素敵すぎるカキ養殖場模型までッッッ!

だが実はこの地の面白さは更に他にあるッッッ!

Nandatteee07_20090525233237.jpg

タッチプールなぞ昨今の水族館に標準装備されていてそう面白みもないものだッッッ!!!
だが
蛸と触れ合える
タッチプールには初めてお目にかかったッッッ!!!

kannnonnzakisizennhakubutukan.jpg

そう、蛸ッッッ!!!

触手系の先駆者であるあの蛸だッッッ!!!

なんとこちらの博物館の奥、素晴らしく展望のいい庭に面したテラスのタッチプールにおいて、
タッチプールレギュラー陣である雲丹、ヒトデ、魚の他
蛸と触れ合うことができるのだァーッッッ!!!

kannnonnzakisizennhakubutukan16.jpg

蛸との触れ合いの何が面白いかというとッッッ!

蛸素早い!

そして好奇心が強い!


なので
「なんかあるのかな」と出てきた蛸に向かって指を振りかざす(水中でな! )と
ひところはやったマウスカーソルを追いかける系のような楽しさをリアルで味わえるッッッ!!!


もーホントに奴は
指差しだした途端色素胞収縮させて色変えるし
指を目の前にゆらゆらさせると捕まえようとして触手のばしてくるし
なのに指を離すと
うぁーおれやべーもんと闘ったわー
ちょっと戦士の休息必要だよねー

感ありありで蛸壺に帰るし
帰りながらもこっち気になってしょーがんないみたいだし
もーこれ
マジかわいいんすけどォォォォォ!!!

因みに吸盤で吸いつかれるとちょっと痛い。あと素早いので捕まったらマジビビる。蛸コェェ。

ゆーわけで
大人400円 
高校生300円
小中学生200円
幼児(4歳以上)100円
という低価格にして
ちょっと見た目はしょっぱい感があるものの
一歩入ればその展示が通好みッッッ! な充実感のある
スーパースペシャルエクセレントな観音崎自然博物館
オススメだッッッ!!!

あ、あと
なんか行った日がイベントデーだったもんで
エビ掬いやってきました。

kannnonnzakisizennhakubutukan17.jpg
1回300円。道具はポイ。

kannnonnzakisizennhakubutukan18.jpg
水草をどけるといる。

kannnonnzakisizennhakubutukan19.jpg
成果。

飼いきれないしかき揚げにするにしても心もとないのでリリースしてきました。


以上、
すげーアクセス悪いけど、行けば絶対楽しめる素敵博物館
観音崎自然博物館のご紹介でしたァァァァン!!!

得する乗車券
京急沿線情報満載!京急まちWeb-おトクなきっぷ-よこすかグルメきっぷ
三浦半島にある観音崎自然博物館や横須賀美術館行った後に横須賀行って海軍カレーとかネイビーバーガー食べるっつー人には大変得なチケットだ!
他に三浦半島満喫するなら
京急沿線情報満載!京急まちWeb-おトクなきっぷ-みさきまぐろきっぷ
こいつもお勧めだぜ!

何しろ三浦半島の先っちょいくと頼りになるのが京急のバスと鉄道! 観光時にはこの二つの足に設定されたフリー区間が生きてくるッッッ! このお得な切符の存在に後から気付いて血涙を流したのはナイショだッッッ!

ではみなさん、楽しい三浦ライフをッッッ!!!ヾ(*´∀`*)ノ

観音崎自然博物館
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。