絶対領域の凄さを再認識した件

過日妙齢の奥様方をザ・グランヴァニアに引率していったのだが
その節に
「あのスカートとソックスの間の部分
なんかちらちらしてすごい見ちゃうよねー! 」
というお言葉を頂いた。

絶対領域という概念に縁遠い奥様にも
その魅力はダイレクトに伝わるという
貴重な証言である。

なお、奥様にはすかさず
「あれは絶対領域というのです! 」
とお教えしたのだが
「えーと、あれ? なんだっけ? 
地域? 何地域? 」

なかなか覚えられない様子であった。

地域
とゆいたくなる気持はなんとなくわかるのだが
脳内で
恥域
とか変換してしまうので
やはり絶対領域は絶対領域と発音していただくよう
切にお願いする次第である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック