ドリフターズ原画展やってたMENCAFEについて

行ってきたんですが
4時で4時間待ち
であきらめました。

自分は生原稿見たかっただけなもんで
「チャージ支払うから原画だけでも見られませんか」
と聞いてみたんですが
難しいようでした。

目の前にあるのに。

まぁ
あくまでカフェなんだから
難しかったんでしょうけども。

でも、でもね。

ヒラコー先生、
ヤンキン編集の方、
自分はたった数分の間、
10枚ほどの生原稿を見るために
1000円払ったって構わなかったんですよ。

ただ
大好きなヒラコー先生の生原稿が見たかったんですよ。

とても悔しかったので
今度は
テーブルに着くことが必須でないような
そういう場所で
原画展やっていただけませんか。

自分みたいに
時間がないなかで
ただ
ヒラコー先生の生原稿を見たい一心で
足を運んだ人間にも
門戸を開いていただけませんか。

コスプレは
妖怪首おいてけと
十月機関の人と
巨乳の人がいました。

再現度高くて
よいものでしたよ。

特に
妖怪首おいてけの
鎧とか!

てりてりしてて
いい感じでした。

あ、
以前アキバの有隣堂でやった
Hellsingの原画展は
見ましたよ!

やはりよいものでした。

それから、
4時間半待ちといっても
そこで待つわけじゃなく
入口んとこで記名しておくと
予約時間間際になったら携帯に連絡入れてくださるという
丁寧なシステムです。

そこは元miacafeですから
ぬかりはありません。

よ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック