うに貝焼き

今日の酒宴はちょと豪華。

uni1.jpg

入手元:
uni2.jpg

夏祭りの復興支援でですね。
なんとまぁこの
ハマグリの殻にみっしり詰まった無添加のうにが!
一ケ六百円、二ケならなんと壱千円という魅惑のお値段!

註:加工は三陸、モノはロシアのバフンウニ

試食させてもらったら
粒は立ってるわ
甘みと旨みが程良いわ
なんかもぉ超素敵なの。

そらもぉ買いますわなぁ。

で、酒はいつもの高崎屋さんが試飲会で一番美味かったと推して下さった
シュテンドルフ酒呑童子 夏吟醸。

キンキンに冷やした酒呑童子にですね。
魚焼きグリル強火で、こう、表面に焦げ目がつくほどに焼いて醤油を垂らしたうにをあわせるとですね。

あっはっはっは。

うめーわー(*´∀`*)


何ここ天国?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック