スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録

多分、そうだな、数年後にこの記録が意味を持つ。

7月3日追記アリ。

上の子は未だに実家逗留中。
あいつ帰る気ねぇ。
何しろ
ゴミ捨てろ、部屋片付けろ、テレビは11時にやめて寝ろ、制服かけろ、弁当箱とプリントすぐ出せって言ううちと違って
全部実家の誰かがやってくれますからね。
小遣い母ちゃん審議にかけなくても出ますからね。
で後でまとめてうちに請求きますからね。
で、親に「こっちで金出すんだからせめて私にこういうことで金要るからって報告して額の交渉するように言ってくれ」っていったら
「そんなのは自分で言えばいい。
うちにそこまでやらせる気か! 」
あ、そうなんですか。
そっちが出さないで私に出してもらいなさいっていえばいい話じゃないんですかね。

ムズカシクテボクワカンナイヤー。

で、ベントー。

今私が上の子の弁当作って下の子が実家に届けてます。
通学路に実家があるもんで。
でも朝練が始まって弁当届く前に上の子出ちゃって、今定年退職した親父が学校に届けてるんですな。
でも大変。
そらそうだ。
で、向こうっ方が考えた解決方法。
「下の子に朝バイトで早めにこっちに弁当届けてもらってくんない? 」
「いや、下の子も朝ばたばたなんで
上の子が弁当くらい取りに来るべきだと思うよ? 」
「そんなことするわけないでしょ! ムキー! 
大体あの子は朝練部活塾学校いってるのよ!
そんなことさせられるわけないじゃない! 」
「いや、でも自分のことなんだからね。
取りに来るべきだと思うよ。」
「そんなこといったらあんたなんか中学の時なんて何にもやんなかった!
部活もやってなかった! 勉強しかやってなかった! ムキー! 」
ああ、確かに手伝いはしませんでした。
でもまぁ弁当箱出すぐらいはしませんでしたかね。フツーに。
部活もゆるいけどやってましたよ。
っていうか部活も手伝いもやらんでいい、あんたは勉強だけしてればいいっていったのあなたじゃないですか。
あと確かあなた当時専業主婦でしたよね。
なんていってもまぁ始まらないのはわかってますからね。
「まぁ弁当体制にも不具合が出てきたわけだしそろそろ帰ってくるべきだと思うから交渉を…」
「無理に決まってるでしょムキー! こっちだって呼び出されるわけにはいかないのよムキー! 」
はい、確かに夜あいつが暴れて壁殴って穴あけたり私のこと殴ったりしたら呼びました。
警察呼ぶよりいいかと思って。
でも呼ぶととりあえず上の子をとめてくれるけど私が悪いって話になるんですよね。
十二時過ぎてテレビ見るのやめて寝なさいって注意しちゃいかんらしいんですよ。
私は。
いい方がしつこいから。
聞かなきゃいい方しつこくなると思うんですけどね。

まぁ、なんだ、言いたくないけど
あんたが孫と母親の関係をダメにしてると思うぞ。

私がしつこいから、おかしいからっていうけど
別にフツーのこというてるだけやん。

自分で自分のことできなくてもいい
誰かがやってくれる
やれっていうお母さんはおかしい
って刷り込んでるやん。

ああ、わかった。
「子どもを大学までいかせるのが親の務め」
ってのを字義どおりに取ってるんだな。

勉強する環境整えて、金出して、って。

お母さんに手あげても
「それはお母さんがしつこいからおかしい」
って教えてるんだろうかね。

すげぇな。

でまぁ
なんだかんだいっても
年取った親の世話になるのは非常時だけにしたいし
(病気とか暴力とか)
なんかほら
自分子どもにご飯食べさせるの好きだし
6人前とか作るの想定以上にきついから
(毎週野外炊事一号は辛い)
下の子のご飯はうちでみたいし
やっぱ家庭として
子ども二人はうちで育てたいと思ってるわけですよ。
親は
「うちではマナー以上のしつけは無理。
サッカーの交通費のプリント出せとか
そんなことはあんたが見ればいい」
ってスタンスですからね。
そら普段のしつけが無理なのわかってますよ。
普段はいいからあいつがんちゃしたときに助けてほしいわけですよ。
で、とりあえず自分8時にはうちに帰れることわかったし、とりあえず下の子はうちでご飯食べさせると。
したら「歯医者の先生が7時に食べさせろっていったからそうしてるんじゃない!
ああもういい、わかった! あんたは勝手にやってると思ってるのね! 」
って最終的に電話切られた。

あのね。
下の子のご飯うちで大丈夫だろうってのは最初っからビタイチ変わってねぇんですよ。転職した時から。
でもあなたが
「子どもは7時にご飯食べさせるべきだって歯医者さんが言ってたからあなたが何時に帰ってこようがうちで7時に食べさせるからあなたは4人分二食お惣菜作って届けなさいそれならあなたの負担増えないでしょ」
っていったわけで。
世の中親が働いてて八時半に飯の子なんていくらでもいるよっていっても
「7時に食べさせるようになってからすごいよく食べるようになった! 」
って全然聞いてくれないの。
で今回電話切られたからしょーがないから行ったんですよ。実家に。
うちで見れるよ、上の子もうちに戻ったほうがいいと思うよ、
そしたら負担減るよ、って。

したら
「わかった、でも上の子は無理よ。同じことになるわ。
で、うちでは上の子に7時にご飯食べさせるから
下の子は7時になったら帰す。
上の子は7時にならないと帰ってこないから
兄弟の接点まったくなくなるけど
それでいいのね? 」
突然私が悪者になりました。
「いや、みんな大人なんだし、
そんなに接点にこだわるなら
8時からにすればいいじゃないですか」
「いや。うちはもう7時って決めたから7時。
で、7時になったら下の子帰す。
一時間一人でいればいい」
「ご飯食べさせなくてもそっちにいさせるという選択肢は?
大体そっちに滞在させるのを選んだのは
あなたが震災時を心配してるからじゃなかったのか? 」
「だからうちは7時に決めたから7時なの! 
で7時に私たちが笑いながら食べてるときに
別の部屋にいるってのはおかしいでしょ? そんなのその子の気持ちになって考えてみなさいよ! 帰すわよ! 
あなたが兄弟の時間よりも親との時間を大切にしたいっていうからこうなるのよ! 」
「4月までは7時に決まってなかったけど
下の子のためにご飯7時になったと。
で、あなたは兄弟の時間が大切だと言ったけど
私が親との時間が大切だといってうちでご飯を食べさせるというなら
もう絶対に7時に帰す、譲歩はないと」
「あたりまえじゃない! もう決めたのよ」
「ああ、じゃあわかった、あなたがそういうんだったら私が悪かったから今の話はなかったことに」
「無理よ! 7時には帰す! 」
「…ハァ、サウデスカ」

すごいよなこの人。
なんていうか、私ってすっげーわがままなんでしょうね。あの人の世界では。
こりゃー私何度も死にたくなりますよ。あー改めて書くとすげーわ。交渉の余地ってのがないんですよこの人。話し合いじゃないですよこれ。
しまいには
「あんたがこっちのこと考えてるなんて嘘でしょ! あんたは下の子にご飯食べさせたいってだけなのよ! そんなに親との接点って言ってるんだったら日曜日バスケでもなんでも見に行ってあげればいいじゃない! 」
私いつ休むんですか。

人間それぞれ領分ってのがあって、
人に頼むこともあるけども、
自分でやるってのもやっぱ誇りの源だと思うんですよ。
で、人の領分とっちゃだめなんですよ。
浸食しちゃだめ。
それは甘やかしか、自尊心の破壊か、どちらかだから。

上の子がいくらいろいろ頑張ってても
やっぱ身の回りのことはさせたほうがいいと思うし
私も土日買い出し掃除料理やる以外くらいは家で休んだり
たまには自分の買い物とかしたいんですけど
当時専業主婦だったあなたから見て
私の生活が甘いなんてこたぁないでしょうよ。
いくらなんでも。
時代も状況も違いますよ。
上の子がやってることは
原発あかんくなったこの世の中で
電気今までどおりに使わせろっていうよーなもんじゃねぇすか。
なんかもう
アレですね
できないっていわないと全部来るのね。
で、できないっていわせないの。
雪隠詰めすげぇようちの親。
適用事例がね、全部私にシワ寄せるよう、ありがたがるようになってますからね。
「○○さんなんかね、遅くなるたびに、いっつも子どものご飯の時間心配しててね、
ありがたいって思わないの? 」
いや、私基本定時に帰ってるじゃないですか。子どものために。
「だってあなた最近8時半じゃない! 」
いやそれは子どもがあなたのうちから9時にならないと帰らないからですよ。あなたが8時に帰そうとする私を阻止する(9時までいたいんだって!とかゆー付言がくる)からなら遅くてもいーじゃんってなりますよ。フツーですよ。

もうすごい全部私のせいパワー。

何しろ息子さんが仕事とかまともにつけなかったのも大学時分に私が自殺未遂したせいだっつーから問題の根が深い。
生まれて、すみません。
生きてて、すみません。

なんていうかァァァ!
姉ごときの影響で十何年もニートってバカにしてんのかァァァ!
人のせいにすんのも大概にしろやァァァ!

まぁいいや。
めんどくせーわ。

とりあえず一心不乱に自分のことだけ考えよう。
自分かわいや。


母ちゃんと話してですね。
目的のずれをひしひしと覚えたんですよ。
で、自分は当初、
こんなに甘やかしてしもたらこの先どーなる!
大体そっちだって体力的にきついだろ!
自分も親として世間体が!

とか思ってたんですけどね。

多分あれです、しみじみ分析したら、親のほーが上手。

多分あの人のほーが長期戦略でもの考えてます。
今は離れてても
親子なんだから大丈夫!
一応私やら何やらがよってたかって見てるから大丈夫!
また元に戻れる!
とか。

今はやんちゃな時期なんだから
その時期だけやり過ごせば
大丈夫!
よそに預けてるわけじゃないし!
うちで見てるし!

ってことで
もー存分に頼ることにしましたァァァァァン!

くそ。
ちょっと泣けて来たわ。

わかんねー娘でごめんな、かーちゃん。

というわけで今回のバグの原因。

目的を共有できていなかった。

私のほうは実家に迷惑をかけないよう
早く一緒に暮らし始めるのがいいんだろうと思ってた。
でもあいつが話きかない状態は変わらんので
冒頭にあげた生活習慣方面だけなんとか補正してほしいと思ってた(要は丸投げ)。

実家の方は4月から私が転職したの含め
上の子があんな状態ならもううちで見るほうが話が早いだろうと。
人手があるうちは
できるかぎりサポートをするよ、と。

まぁ、そんなわけで、
自分が未熟者でスイマセンと、そーゆー話でございました。

ほんとにね。
こういうことブログに書いて
人さまのご意見頂いて
もっかい当事者と話し合って
ようやくそれなりの考えに至ることができるってのが自分なんですよ。
自分にとって
ブログ書いて
人さまに見ていただくってのは
生きることと同義なんです。
だから、
目に余ること、あほなこと書くこともありますが
今後とも
何卒よろしくお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Dさま、コメントありがとうございました。

> ただ血がつながっていて、たまたま偶然祖母から生まれたってだけなのです。
遺伝半分来てますのでそこまでふっきれませんや。
いろいろ投資もしてもらってますからね。

>  まったく育児とは想像を遥かに超えて大変でつらいもので、
> ギブアンドテイクの観念から言えばまったく報われないのです。
自分の遺伝子引き継いでくれてるだけで上等だったんですが
最近そんな甘い見通しををはるかにこえるコストが!

>
>  お金は上の息子さんに大雑把でいいから使い道を教えてもらうべきですね。言うだけでいいんです、紙面での提出なんかしなくても良いと思いますよ。
>  言わせる理由は金銭管理をしっかりさせるって意味もありますが、
> 母子家庭で命削って稼いだネコタさなんおお金を息子がバカスカ使うことの重みと愚かさを知らなければいけないのです。
うん、がんばるよ!


>  さらに正直に言いますと、
> 祖母にあずけているのだから、好きにさせてあげましょう。
> 「あんたがみればいい」をそのまま返しましょう。
> (お別れ時には第一子にフォロー要かもしれません)
そう思いました。急に。
そしたら楽になりましたよフフフ

> 戻ってきたらラッキーと考え、自立したものとします。
> (育児として要求されるお金は祖母なら特に厳しくしましょう どうせ祖母は何十年も無茶言ってきたんです。使途不明金なんか払わなくていいんです。さし押せえの一歩手前までは無視むし虫です)
> あ、弁当は祖母に作らせましょう。もしくは第一子に。
作るのはいいんですがね、通りすがりにとりにこいよと。
今朝なんか久しぶりの力作第二子が届けんの忘れましたからね。

ぐれていいよね。

> 祖母にすべてをまかせ、安心して第二子を育てましょう。
> 何事も強制するのではなく、語るのがいいでしょう。
平等はムズカシイネー。

> あと、壁の件ですが警察呼ぶならいまのうちですよ。
> 大人になってからじゃなんかもっと呼びにくいです。
> 一発かましてしまえばいいのです。
前読んだら来る前に逃げたにょ。

> 母親は生む機械ではもちろんなく、子供の召使でもないのですから。
>
>
>  もちろん、ネコタさんが良い母親だと思うなら、愛してあげればいいのですよ。
ま、場合に応じてな!

では!

ネコタ斑猫 拝

No title

 私の意見をはっきり言いますと、祖母がだめですね。
どこがダメだって、もう言い切れないくらいダメですね。
 
祖母は、ほっときゃいいと思うんですよ。
ただ血がつながっていて、たまたま偶然祖母から生まれたってだけなのです。
子供として与えられた何かの分は返して、あとは他人に接するようにしましょう。他人にならイライラしないはずです。

 まったく育児とは想像を遥かに超えて大変でつらいもので、
ギブアンドテイクの観念から言えばまったく報われないのです。
(わたしはこども育てたことないですけど。)

 お金は上の息子さんに大雑把でいいから使い道を教えてもらうべきですね。言うだけでいいんです、紙面での提出なんかしなくても良いと思いますよ。
 言わせる理由は金銭管理をしっかりさせるって意味もありますが、
母子家庭で命削って稼いだネコタさなんおお金を息子がバカスカ使うことの重みと愚かさを知らなければいけないのです。



 さらに正直に言いますと、
祖母にあずけているのだから、好きにさせてあげましょう。
「あんたがみればいい」をそのまま返しましょう。
(お別れ時には第一子にフォロー要かもしれません)

そしてできるかぎり気にしちゃだめです。
戻ってきたらラッキーと考え、自立したものとします。
(育児として要求されるお金は祖母なら特に厳しくしましょう どうせ祖母は何十年も無茶言ってきたんです。使途不明金なんか払わなくていいんです。さし押せえの一歩手前までは無視むし虫です)
あ、弁当は祖母に作らせましょう。もしくは第一子に。

 母として第一子も第二子も平等に愛する気持ちを持ち、接するときは2人に優しくする気持ちは忘れてはいけないと思います。

祖母にすべてをまかせ、安心して第二子を育てましょう。
何事も強制するのではなく、語るのがいいでしょう。

あと、壁の件ですが警察呼ぶならいまのうちですよ。
大人になってからじゃなんかもっと呼びにくいです。
一発かましてしまえばいいのです。


母親は生む機械ではもちろんなく、子供の召使でもないのですから。


 もちろん、ネコタさんが良い母親だと思うなら、愛してあげればいいのですよ。

コデマリさま、なんか心に沁みるコメントありがとうございます

なんかこう…なんかこう!
悪いなーと思っちゃってですね。親に。
やっぱいうこときかないはきかないらしいんですよ。そらそうですよね。
でもね、こっちはどうしても出勤しなきゃいけないんですけど向こうは人手があるから
朝遅刻しなくなったし
うちは壊れないし、
まぁ、いいことずくめなんですよ。

だから、
まぁ、ありがたいと思って、がっと! 頂いちゃうことにします。

いいんですよね、
それで!

自分があかんかと思ってたもんで…
超励みになりました!
ありがとーございました!

ネコタ斑猫 拝

時にはいいなりでもいいかも…

私は子育てがとてもヘタでした。人に言わせると正しい事言ってるけど言葉がキツイのだと毎日が精神的格闘技でした。2人目も思春期に入り同じ道を行きそうになったので 『私がそばにいると逆に子供がいじけて、どんどん悪くなる』と思い全寮制の信用出来る学校を探しました。
結局 色んな事情で入学はしなかったんですけど。

子供が寮生活している親ごさんに聞くとお互い離れる事で 存在の有り難みがわかり いい関係になれるみたいですよ!
人間やっぱり体や心を休めないとどこかに歪みがきます。
ネコタさんのお体が心配です。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。