メマトイ

梅雨の晴れ間あたりに山道を歩いていると、払っても払ってもガンメン目がけて飛んでくる厄介な極小の羽虫がいるのをご存じか。
あれは
メマトイ
というハエの一種であるとのこと。
動物の涙からたんぱく質を摂取する習性があるため
目のあたりを狙って飛んでくる由。
釣り人を悩ませるモノのようで、メマトイ対策委員会などというページも設けられている
Wikipediaはこちら。ただし単独ではなくハエの一項目として扱われているため、蛆に耐性のない方はご留意の程。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック