銀河鉄道の夜読み中の第二子

からすうりが出てきたので知ってるか質してみたところ
「知ってる、あの白いひらひらの花でしょ」
おお、よく知ってるな。
でも実もきれいなんだぞ。
といって検索して画像を出してみる。
白いレースのような花を見ながら第二子。





「あのさー、からすうりの花ってさー。





てずるもずるに似てるよね。





ああ。
おまえはお母さんの息子だ。





あ、今日は第一子のお誕生日だったんで一応ケーキ買ってって実家のみんなで食べました。
うまうま。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック