スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[急募]おとなになったきみたちへ 思春期知恵袋緊急募集のお知らせ

昔荒れていたけれども今は落ち着いたよ! というあなた!

親がこんな風に接してくれてたら、喧嘩しないで済んだのになー
こういうやり方で伝えてくれてたら、喧嘩しないで済んだのになー
こういう言い方で教えといてくれたら、もっとうまくやれたのになー
こういうことを知ってたら、後悔しないで済んだのになー

というような
あの頃の親と俺に教えてやりたい思春期知恵袋
をお持ちではございませんか?

もしお持ちでしたらそれを一つ分けていただきたい。

どんな小さなことでも構いません。

あなたの知恵が思春期の親とお子さんとを救うのです!

あとでまとめますのでコメント欄にお願いします!

特に募集しているのは
お小遣い問題
暴言問題
遅刻問題
部活問題
プリント問題
とかです。

助けると思って一つよろしくお願いいたしますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お小遣い問題 同年代より少し大目にあげて、子供自身に賄わせる。別途必要経費などが出た場合には事前に報告させる。

暴言問題 暴言にも種類があって一言ではアドバイスしにくいです。が、ネコタさんに暴言を吐くなら多分愛情の裏返しでしょうね。
子供を一人の大人として、暴言には冷たく対応してみましょう。

遅刻問題 遅刻しても学校に行くならばお子さんは自分なりに頑張ってますよ。学校に行くのがいやな理由のほうが大事です。私は純粋な人間ならば学校なんか行きたいと思わないのです。(でも卒業しましたよ。)

部活問題 申し訳ない、状況がよく分かりません。部活仲間や先輩と上手くいかないのでしょうか?それは子供が解決するべきことですよ。向こうから相談してきたなら聞いてあげるのも良いでしょう。

プリント問題 この問題はネコタさんがずっと悩んでますね。子供なりの反抗なんでしょう。遅く出てきたプリントには全く対応しないなど厳しい対応をしてみるのも一つの手でしょう。

私は子供を、親である前に、対等な一人の人間として
自分を貫いて子供と対応すれば良いと思います。

私の意見はどうぞ一つのご参考までに。 でわ。

私は妹と血の関係で、最初は不仲でした。

ふとしたきっかけで話すようになり、
母について語る様になった時に…

お互いの母への対応を話し合いました


母以外の誰かと、
母について話す機会があると…

何か状況は、好転するように思えます

No title

遅刻問題について。
私は毎朝ありがたくも起こしてくれる母とギャースカバトルしていました。
「寝起きに頭ごなしに怒鳴られて反射的に逆ギレ」
「今起きようとしてた(つもりだった)のに~」
「もう放っといてくれviva思春期」
などと、当時は色んな甘ったれた感情が渦巻いていた気がします。

某ハンター漫画ではないですけど「その人を知りたいなら、その人が何に怒るのかを知れ」を母が教えてくれていたら、もっと母を理解して円満に暮らせたかもなあと思います。
たとえばですが、
「集団生活に遅れて迷惑をかけること」が腹立たしいのか、
「だらしない生活をする」のが心配なのか、
「遅刻するなんて親として恥ずかしい」から嫌なのか、
もちろん全部だと思いますが。

当時は母が「なにが一番母を怒らせるのか、なぜ毎朝そんなに怒鳴れるのか」が本当に不思議ですごく嫌で、それで毎朝ケンカしていた気がします。
(と、自分の寝坊を棚に上げて甘ったれるところが思春期らしいクズっぷりですねww)

No title

(続きです)

上から目線になるとまずい、という内容ですが、そういう自分が上から目線でアドバイスしてる感じがしますね。。。
反抗期の子を育てたことがないのに、生意気言っちゃってすみません!
ただ、自分がそういう立場になったら、奥さんにこういうこと言いたいなと思って書きました。
ほんのちょこっとでも役に立てる部分があれば幸いです。
ネコタ家の幸福を祈ってます(^o^)

No title

はじめまして
29歳♂の青猫と申します。
数ヶ月前からネコタさんのブログを読ませてもらっています(たいていRSSからですが)。
転職おめでとうございますー☆

反抗期の子供との付き合い方というのは難しいですよねー。
自分も子供を作る年頃になり、反抗期の頃の自分を振り返りながら、将来我が子とどう付き合うかをときどき考えます。
息子さんと自分は全然違うタイプなのかもしれません(僕はそんなにモテなかったしー)けれど、もしかするとお役に立つかもしれないのでちょっと書いてみます。
募集されていた個別の状況がよくわからないので、基本スタンスについての考えになります。

自分が親に求めていたのは(当時の自分じゃとても自覚できてませんでしたが)、対等な人間として扱ってもらうことでした。
逆にイヤだったのは、子供扱いされること、義務を押しつけられること、わかりきった正論を言われることでした。

反抗期の子供とコミュニケーションが難しいのは、対等な関係になることが難しいからかなと思います。
子供を愛するあまり、親はどうしても「相手をしつける人間」という側に立ってしまう。
こうなると、子供はたとえ言われた通りのことをやっても「対等な関係」には少しもなれず、「しっかりしつけられた人間」になってしまう。
それは子供の自意識にとって最低の展開です。
逆に親の言うことを拒否すれば、拒否できるという意味の「対等な関係」になれる。
だからすぐ感情的に拒否するのかもしれないですね。

というわけで、「しつける関係」から「対等な関係」へと、「親と子の関係」から「大人の関係」…ちゃう「大人同士の関係」へと切り替えることがポイントかなと考えます。
上司としつけが必要な部下、という関係から、同期の仕事仲間みたいな関係にするのがひとつの目安になるのではないでしょうか。
対等な関係にするためには
1,義務的・抑圧的な雰囲気を作らない。
義務的雰囲気は上下関係を連想させるのでまずいです。でも親の愛情ゆえに何でも義務的な雰囲気になってしまいがち。難しいですけど、無関心を装ってさりげなく言うと義務っぽさが消えて反発されにくくなると思います。
2,命令する代わりにさりげなく誘導する。
3,ダメという表現を使わない。
「××はダメ」という言い方を、「○○するといいんじゃない?」という言い方に変えてみる。ダメという表現は相手の自尊心や主体性まで否定しているように聞こえかねないので、まじめな会話ではできるだけ避けた方がいいと思います。さりげなくいい感じのイメージを伝えると「やらされた」という雰囲気が生まれにくいので、のってくる可能性が高くなります。
4,褒める代わりに称える。
意外と対等な関係では褒めません。褒めると上下関係を連想させ、悪い雰囲気になったりします。やるじゃん、と称えると素直に喜んだりテレるかと。結果さらに心を開いてくれそう。
5,嬉しがるときに注意する。
うまくしつけることができたという嬉しさだと思われたらかなりまずいです。自分の言うことに従ったから嬉しいのではなく、かっこいい大人っぽくなったから嬉しい、という雰囲気をつくれるとグットかと。
6,あまり熱意・関心・心配を見せない。
親の熱意・関心・心配は信頼されてない感じがすごくするので子供はけっこう嫌がるのでは。期待し信頼しているがゆえの無関心、という雰囲気を作るのが良さそうです。そういう雰囲気は子供の自尊心をくすぐるし自信を与えると思います。
7,正しいことを言わない。
子供は何が正しいかを理解しています。ただそれに従わされるのがイヤなだけで。正しい主張を親がすると、子は「従う側の人間」という形、雰囲気になるのでまずいと思います。代わりに、「そういうこともあるわなー」みたいにユルイ態度をとると、次は気をつけなきゃとやる気になりそう(少なくとも自分は)。

また、基本的な大人の価値観を共有することも大事だと思います。
たとえば「リスペクトしてほしいならまずその相手をリスペクトするしかない」「約束を守らないことは自分の評価を下げる」等。
こういうことを目を見てはっきり言うと抑圧的になるので感情的に反発されますが、相手が落ち着いている時にさりげなくつぶやくと心に届きやすくなるかと。
子供への要求としてではなく、ネコタさんの転職時の課題みたいなものとしてつぶやくとさらに反発されにくくなるかと思います。
ただのつぶやきは命令や要求じゃなく純粋な本音として響きますから。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。