越の誉純米大吟醸無濾過生原酒和醸蔵寒仕込み搾り@高崎屋本店

冷でいくと神の酒のごとし。

福福たる甘い香り。
無濾過生原酒であるせいか、口に含むと微かな発泡感が舌を遊ばせる。
澄み切った飲み口の内に、米なりの甘味、バランスよく確かな酸味、そしてそれを下支えする控えめだが十分な旨味が覚えられる。
飲み下すと、腹中に染み渡るとはこのことよ。
まろやかに酔が回り、その様恰も極楽である。

なんともはや美味い酒である。

kanjikomi.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック